1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

全部読んだ!?「全国書店員が選んだおすすめコミック」が面白い

“本のプロ”である書店員の目利きでマンガを選ぶ「全国書店員が選んだおすすめコミック2019」が発表。『呪術廻戦』『極主夫道』『アクタージュ act-age』『地獄楽』『終末のワルキューレ』『名探偵コナン ゼロの日常』『おじさまと猫』『風都探偵』『ミステリと言う勿れ』『花野井くんと恋の病』ほか。

更新日: 2019年02月23日

152 お気に入り 142905 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆「全国書店員が選んだおすすめコミック2019」が発表

日本出版販売株式会社は、2月1日(金)、「全国書店員が選んだおすすめコミック2019」一般部門のランキングおよび、ラノベ文芸コミック部門の入賞作品を発表。

14回目となる今回は1,100人の書店員が参加し、本日2月1日(金)、ランキング上位15作が発表されました。

1位には、芥見下々「呪術廻戦」が選ばれた。続く2位はおおのこうすけ「極主夫道」がランクイン。

・「全国書店員が選んだおすすめコミック」とは

本企画は“本のプロ”である書店員の目利きで、おすすめのコミックを一般読者に伝えることを目的に2006年より実施。

書店員から「より多くの人におすすめしたいコミック」をコメントとともにアンケート形式で募集し、発表しています。

対象作品:2017年12月1日(金)~2018年11月12日(月)に新刊が発売された作品で、単行本が5巻以下のコミック
投票方法:書店員1人につき3作品を投票

◆ランキングベスト15作品

第15位 『信長を殺した男』(原案:明智憲三郎 漫画:藤堂裕)

真説・明智光秀伝。我々が習った歴史は、“嘘”だった!!? 明智光秀が主君・織田信長を討った日本史上最大のミステリー“本能寺の変”! 現代でもなお多くの謎が遺される大事件を400余年の時を経て解き明かす!!

漫画の『信長を殺した男』を読んでますが、とても面白いです。 小説も読んでみようかな。 本能寺の変については諸説あるけど、答えなんてもはや誰にも分からないんだから、如何に真実っぽく引き込ませて描くかだよね。

「信長を殺した男」がめちゃくちゃ面白い。 来年の大河ドラマの前に是非一読を! pic.twitter.com/WzmU1p2Ucm

第14位 『名探偵コナン 犯人の犯沢さん』(かんばまゆこ 原案:青山剛昌)

「名探偵コナン」に登場する“犯人”を主人公としたかんばまゆこによるクリミナルギャグ。

『犯人の犯沢さん』3巻まで読んだ♪『名探偵コナン』ファンにはメッチャ面白い!犯沢さん可哀想(^^;; 安室透も2巻から登場で嬉しい♪降谷のハンコ登場話は世間で話題になる前に、かんば先生が描いていたらしいよ!ニュータイプだよね (@_@) pic.twitter.com/v5mLdj3R71

第13位 『犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい』(松本ひで吉)

天真爛漫な犬くんと、魔王のように凶悪ながら愛らしい猫さま。どっちも飼えば100倍たのしい、笑いありホロリありのエッセイコミック。

分かる すごく分かる 犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい 第9話‐② とかげちゃん | 松本ひで吉 comic.pixiv.net/works/4855 #pixivコミック @pixivcomicより

松本ひで吉さん(@hidekiccan)さんの 「犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい」 ほんっとに動物好きには堪らない...!! 私は両方同時に飼えないから、 あらゆる妄想でしか体験できなかったのが この漫画でより具体的な妄想ができた気がし始めた笑 あ、あの... 分かってくれる人いないかな!?笑 pic.twitter.com/mCN9L12M62

第12位 『図書館の大魔術師』(泉光)

本の都に憧れながら、小さな村で姉と二人、貧しい暮らしをしていた少年。ある日、一人の司書と出会い、運命が大きく動き出す──。

1 2 3