1. まとめトップ

国内でできる結婚式~リゾート編~

リゾートでの結婚式といえばハワイやグアムなど、海外をイメージする方が多いんじゃないでしょうか。ここでは国内でできるリゾート婚、特に関東近辺でできちゃうリゾート婚を紹介します!

更新日: 2019年02月01日

1 お気に入り 5135 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

KIREIMACHIさん

リゾート気分を味わえる結婚式場の魅力

都会の喧騒を忘れさせてくれる、非日常リゾート空間

国内に居ながらにして、海外のリゾート気分を味わえるのは、何と言っても一番の魅力。
海辺に隣接する会場はもちろん、中には街中とは思えないリゾート空間が広がる会場も。
明るく開放的な空間が、きっと非日常の一日を演出してくれます。

アクセス面が良いから、ゲストにも負担が少ない!

海外リゾートでの挙式となると、どうしてもゲストのアクセス・招待の面で不安は残るもの。
親族や親しいゲストに限られてしまいますが、国内の結婚式場ならその点は全く問題なし。
憧れの海辺の式場で、大勢のゲストともに、想い出に残る賑やかな結婚式を挙げられます。

着々と準備をしてて、リゾート婚になるので旅行手配も同時進行✈️ 予約は入籍後の名前でとることに なり彼の苗字と私の名前を並べたら、彼が可愛いと褒めてくれた〜〜 まぁ入籍前も後もありきたりな苗字なんですけどね

国内リゾートウェディングのメリットとデメリット!少人数におすすめの理由とは

少人数でする結婚式にも色んな形がありますがその中のひとつがリゾートウェディング。

大切なゲストと、素敵な自然に囲まれたロケーションの中でゆったりとした結婚式ができるのが最大の魅力ですね。

海外まではちょっと無理というカップルも国内でのリゾートウェディングなら可能!海・山・高原など好みに合った場所を選べばお気に入りのシチュエーションでの結婚式が叶います。

そこでこちらでは比較的ゲストを招待しやすくて手配も簡単な国内でのリゾートウェディングについてご紹介したいと思います。

国内リゾートウェディングのメリット

メリット1:ゲストへのおもてなしがしやすい

先ほどご紹介したように、少人数結婚式ではゲストの人数は30名くらいまでと少なめ。

さらに家族や親しい友人など、新郎新婦と近い関係にあるゲストが中心です。

そのため、ゲストの雰囲気や好みに合わせたおもてなしを考えやすいのがメリットと言えそうです。

メリット2: アットホームな雰囲気で挙げられる

通常の結婚式では、大勢のゲストを前に緊張してしまう新郎新婦もいるようです。

しかし、そんな新郎新婦でも、気心が知れた家族や友人が中心の少人数結婚式ならリラックスして臨めそう。

温かいムードになりやすいのも少人数結婚式ならではですね。

披露宴の初めに新郎新婦や司会者からゲストを紹介する時間を設けると、ゲスト同士もより打ち解けやすくなりますよ。

メリット3:準備が比較的ラク

「結婚式の準備はなんだか大変そう」というイメージを持っている人も多いかもしれません。

でも少人数結婚式の場合、招待状や料理、引き出物など、ゲストのために手配しなければならないものは一般的な結婚式よりも少なめ。

ゲスト数が多い結婚式では、準備に半年~1年ほどかかることも多いもの。

それが少人数結婚式の場合、式場や人数にもよりますが、だいたい2~3ヶ月程度の準備期間で挙げられるようです。

今回は、上記でも取り上げられている軽井沢と箱根の人気の式場を口コミの視点でご紹介!

式場の口コミまとめ!〜軽井沢編〜

爽やかなブルーでドレスアップした新郎新婦と、お子様も交えての撮影会♪ マタニティでも、お腹が目立たないドレスもご用意しておりますので、是非ご相談ください* #結婚式 #披露宴 #お色直し #カラードレス #マタニティドレス #パパママ婚 #感謝の気持ち #プレ花嫁 #リゾ婚 #アネーリ軽井沢 #アネ嫁 pic.twitter.com/Ok0GmJemhn

あねの結婚式で軽井沢なうです〜☺️泣いたし笑った✨ 叔父が江戸川的赤蝶ネクタイでだったり、ヘアセット外したらFGOの巌窟王みたいになってたりで大変愉快だった‍♂️‍♂️‍♂️ pic.twitter.com/FlmTZ0CMTh

9/16(日)軽井沢にて無事に結婚式を終えました。ご参列いただいた皆様ありがとうございました! 追々写真を載せていくので、あとで自分が見やすいようにタグ付けしときます❤️カメラマンは大好きな朝岡英輔さん(@eisukeasaoka)にお願いしました✨✨✨ #20180916まな子結婚式 pic.twitter.com/tAg7fvdz6B

1 2