桃子(名取裕子)やさくら(真矢ミキ)が入居者一人一人と今後について面談を実施。性同一性障害を抱え、家庭や学校に居場所がなくなり、ハチドリの家で暮らしていた拓士もその一人だった。

出典浦上晟周、性同一性障害を抱えた難役に「この役に出会えてよかった」

『さくらの親子丼2』

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

『腐女子、うっかりゲイに告る。』だけじゃない!LGBTが登場するドラマ急増

2018年頃から急増しているLGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)や性同一性障害が登場するドラマ。社会の“多様性”を描いたこうした作品は2019年も続き、4月期春ドラマでは『腐女子、うっかりゲイに告る。』、『きのう何食べた?』の2作品がすでに決まっている。

このまとめを見る