1. まとめトップ

物忘れだけじゃない?アルツハイマー型認知症の怖さ

アルツハイマー型認知症。記憶が薄くなる老人性痴ほう症の一種と考えてる人が多いかとおもいます。ですが単なる物忘れでにとどまらず、破滅的な障害であることが調べて分かりました。けっこう怖いアルツハイマー型認知症についてです

更新日: 2019年02月06日

3 お気に入り 1059 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nebasukeさん

「認知症」は一つの病名ではなく、何らかの原因により記憶や認識、判断などの認知機能が低下し、生活に支障をきたしている状態を指します。

アルツハイマー型認知症とは、認知症をきたす疾患の中で一番患者さんが多いと言われています

認知症は早期に治療を開始すれば、原因疾患によっては進行を遅らせることが可能なので、早期に発見し対応することが肝心です

■ どんな症状が

アルツハイマー病では、脳の神経細胞が減少する、脳の中で記憶を司る「海馬」を中心に脳全体が萎縮する、脳に「老人斑」というシミが広がる、脳の神経細胞に糸くず状の「神経原線維変化」が見つかるといった変化が

アルツハイマー病にみられる神経組織の変性は、実際に認知症の症状が現れるかなり前から始まっており、発病中の全期間の中頃から症状がはっきりしてくる、極めて長い経過をとる進行性の病気です。

■ 初期症状を見極めるには

単なる物忘れでは体験の一部を思い出せないのに対して、認知症による物忘れでは体験そのものを忘れてしまいます。

MCIのサインを見逃さないためには、アルツハイマー病によるMCIの特徴を知ることが大切です。

■ 治療や対処方法、介護の心得

アルツハイマー病の治療法はまだ発見されていません。しかし,薬物治療あるいは非薬物治療が,認知機能または行動における症状の両方を緩和する可能性があります。

自分が若かった頃と現在を混同して事実と違うことを言うこともあるでしょうが、否定せずに耳を傾けてあげましょう。

■ 国や自治体の支援状況について

認知症で介護が必要となってくると、介護サービスを受けるためのお金がかかりますが、これは主に介護保険で賄われます

介護保険施設に入所した場合、所得によって4段階に分けられ、部屋代や食費などについて負担の上限が決められ、負担の軽減が出来る認定証です。

1