1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

canty0628さん

▼テレビなどでよく見かける

若者の生態を的確に描出し、クールに擁護した『絶望の国の幸福な若者たち』で注目される。

▼そんな古市憲寿は辛口コメンテーターとして知られ

『ワイドナショー』、『とくダネ!』(ともにフジテレビ系)など、気がつけばコメンテーターとしてさまざまな情報番組に出演。

古市憲寿さんはハッキリ自分の意見を主張する辛口コメンテーター。たまに正直すぎる意見にスタジオが凍り付くことも…。

しゃべくりに出てた古市憲寿 嫌いだわー。笑笑 会話してて否定からはいる人 見ててイライラする。笑

古市憲寿って人苦手かも、、、 価値観が合えばいいんかもやけど合わんかった時怖すぎる、、、オーラが、、、

▼しかしそんな古市憲寿も意外に凹むらしく

古市憲寿といえば、著書の『平成くん、さようなら』が第160回芥川賞にノミネートされ、残念ながら落選となってしまった。

ノミネートされてからの1か月を「なんかアイドルになった気分だった」と振り返り、悔しさを吐露。

アンチらは落選直後からネット上で「古市くん、さようなら」とやゆする投稿を積み重ね、古市氏も「がーーーーーん」とだけツイートしてショックを表現。

また、辛口発言をしながらも

本人はあえてエゴサーチしていると語り、「自分の発言がスルーされてたら意味がない。自分の意見に対して賛同や反発など世間に何か影響を与えている」ことを確認しているという。

古市憲寿氏にブロックされていることを知った。絡んだことはなかったと思うんだけどエゴサしてるんだろうなぁ… twitter.com/syoyuri/status…

▼自身の恋愛に関して

好みの女性のタイプを聞いてみると「お金ある人とか、才能がある人とか」と言い、「自分より稼いでくれて。自分が引っ張るとか、頑張るとか嫌なんで。養ってもらいたいです」とぶっちゃけた。

「ルックスの好みはホントにないかもしれない」と明かし、見た目は変わるものなので「変わっていくものを好きになってもしょうがない」と独特の見解を述べた。

1 2