1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

kaaaamiiさん

Excel2013の新機能「フラッシュフィル」って何?

大量のデータ作成では関数を使った処理が一般的でしたが、Excel2013で登場した機能「フラッシュフィル」を使うと、複雑な作業を一気に処理できるようになりました。これはある一定の規則性さえあれば、エクセルが瞬時に理解し処理してくれるというものです。エクセルが苦手なあなたも、これからはサクっと簡単に作業ができます。

まずは設定から!

それでは機能の使い方を説明します。まずはフラッシュフィル機能をオンにします。

「ファイル」タブの「Excelのオプション」から「詳細設定」をクリックし、「フラッシュフィルを自動的に行う」にチェックを入れておきます(既にチェックが入っている場合はそのまま)。

具体的に何ができるの?

このような文字列の分割は関数でもできますが、けっこう手間がかかります。例えば「=LEFT(B3,FIND(" ",B3,1)-1)」のような関数式が必要で、「氏名」列に全角スペースと半角スペースが混在していれば、その条件分岐が必要になり......と、どんどん複雑になってしまいます。

では、手動で入力するしかないのでしょうか? ここであきらめてはいけません! こんな状況こそ、Excel 2013以降で使える「フラッシュフィル」の出番なのです。

①1件目のデータのみ、「姓」の列を入力しておきます。続いて[データ]タブの②[フラッシュフィル]ボタンをクリックします。

なんと、たったこれだけで「姓」の列がすべて自動的に入力されました!

この表では「氏名」列の右隣に「姓」列を用意してあります。「姓」列の1行目に「飯塚」というサンプルを入力してフラッシュフィルを実行すると、Excelが『「氏名」列のスペースより前を取り出す』という法則性を見つけ出し、ほかのデータを自動入力してくれる、というわけです。

すごい!関数が不要に!!

今度は「メールアドレス」列にあるデータの「@」より後ろを、「ドメイン」列に入力したいとしましょう。このような場合、関数ならFIND関数とRIGHT関数を使います。前述の「姓」「名」分割と似たような操作なのに、別の関数を使うとなると面倒ですよね。

ですが、フラッシュフィルなら一発です。

先ほどと同じように、1件目のデータのみ「ドメイン」を入力しておきます。そして、フラッシュフィルのショートカットである[Ctrl]+[E]キーを押します。

フラッシュフィルを知らなかった自分を小一時間罵倒したい。

何コレ、フラッシュフィルって知らなかった… 超便利だし、関数使えない人もこれなら入りやすいかも! dekiru.net/article/15871/…

Excelがスーパーウルトラ超ミラクル初心者マンなので、フラッシュフィルを初めて使って感動してしまった…。

1