1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

senegirlsさん

いま被害が拡大している・・・

日本経済新聞によると、アジア太平洋地域において、Googleマップを悪用した振り込め詐欺の一種が横行しているとのことです。

標的となったのはインド銀行の利用者で、クレジットカードやデビッドカードの情報を犯罪者に奪われた。

その手口はかなり巧妙で・・・

Googleマップに記載された銀行等の電話番号に電話をすると、なぜか犯人が応答して被害者を騙してしまうのです。

犯人が銀行の電話を受話することができた理由は、Googleマップには第三者が情報の修正を提案できてしまう機能がある為です。

ネットの情報はどこまで信用していいのか。 グーグルマップ悪用「振り込め詐欺」、アジアで被害増: 日本経済新聞 nikkei.com/article/DGXMZO…

そこで、銀行の電話番号を自分のものに書き換え、かかってきた電話に銀行員を装って対応して、口座情報などを聞き出すという。

「グーグルマップは地図に表示される情報が誤っているときに、利用者が訂正情報を提案する仕組みを備える。この機能を悪用して銀行などの電話番号を改ざんする。改ざんに気づかなかった利用者が電話をかけると、犯罪者につながる仕組」そこら中に罠がころがってるな。 nikkei.com/article/DGXMZO…

こういうの出てくるとはおもってたけど、検索結果ならそのまま電話かけちゃうよねー ちゃんとホームランページとかまで確認しないといけないな グーグルマップ悪用「振り込め詐欺」、アジアで被害増: 日本経済新聞 nikkei.com/article/DGXMZO…

恐るべきこの手法は・・・

ヴィッシング(Vishing)は電話音声(ヴォイス)とフィッシング詐欺を組み合わせた造語で、電話によるフィッシングを指す。

ヴィッシングと言えば、標的に電話をかけるものと思われていましたが、今はその逆の方法「リバース・ヴィッシング」

昨今では詐欺犯罪者から電話をかけるのではなく、攻撃対象から詐欺犯罪者に電話をかけさせるリバースヴィッシング攻撃が目立つ

Googleで検索した結果から、Google Mapの電話番号に電話をかけると、攻撃者につながって、個人情報を聞き出されてしまう

電子メールに比べて人間味のある人の声でやり取りされるために、より、ひっかかりやすくなると言われています。

日本ではまだあまり聞かない手法ですが、通常の振り込め詐欺よりも引っかかりやすく、今後似たような詐欺が横行する可能性もある

な、なんて恐ろしいんだ…ふつーにお店とかにここからかけてしまう!気をつけよう…悪人のせいで便利なものが凶器になるのは許せんな。 twitter.com/jingbay/status…

ネットでは・・・

>利用者が訂正情報を提案する仕組みを備える。この機能を悪用して銀行などの電話番号を改ざんする。改ざんに気づかなかった利用者が電話をかけると、犯罪者につながる仕組みだ これは怖いな。まさに「釣り」だ。 今、Googleの情報が間違っていると思う人は極めて少ない。 nikkei.com/article/DGXMZO…

グーグルマップこわい。 / “グーグルマップ悪用「振り込め詐欺」、アジアで被害増  :日本経済新聞” htn.to/2UPSo6B9dzb

これなんとかならないのかな... 人件費かAIの開発費かかるけど、銀行とか公共機関とか公共性の高いところ(警備会社とか)だけでも変更依頼時にチェック入れるようにできないのかしら。 グーグルマップ悪用「振り込め詐欺」、アジアで被害増  :日本経済新聞 nikkei.com/article/DGXMZO…

1 2