1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

あなたに働いてほしい!雇用保険が補助金をだして資格取得を奨励している

雇用保険を調べてみたら教育訓練給付金制度というのがあり、専門学校などの受講料を補助してくれるそうです。対象資格を見てみると看護師やら医療事務やら車の運転免許まで補助対象だそうです。在職中でも適応されるそうなので転職やキャリアアップにも使えます。

更新日: 2019年02月06日

105 お気に入り 42578 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

雇用保険制度

雇用保険に加入するための条件

1.勤務開始時から最低31日間以上働く見込みがあること
2.1週間あたり20時間以上働いていること
3.学生ではないこと(例外あり)

雇用保険とは再就職支援制度であり、失業したらお金がもらえる制度ではない。

雇用保険は、就職しようとする意思(働く意思)といつでも働ける能力がある人を保障の対象としているので、働く意思や働ける能力がなければ失業給付は支給されません。

失業保険を申請するときは働く意思を示してもらう、とのこと

失業保険の申請をする際は、ハローワークで求職者登録をする必要があり、これで働く意思を示したことになります。

雇用保険とは全ての労働者の助け合いによって成り立つもの。雇用保険の受給に胡坐をかいて再就職の努力を怠ってはならない。

給付の手続きなどは各地のハローワークで行う

失業給付の手続きは、会社から離職票を交付してもらい、住んでいる地域を管轄するハローワークに提出するといった流れになっている

雇用保険の保険料は給料から天引きされている(わずか0.4%だが)

雇用保険の保険料は、毎月給料から天引きされていますので。気になる料金は、平成28年度から給料の0.4%となっています。

農林水産・清酒製造・建設の事業は0.5%となる。雇用者の方が多く負担している。

ハローワークは働きたい人を全力で応援している

昨日に引き続きハローワークに来てるんだけど、雇用保険制度充実しすぎわろた。 雇用保険に入るための会社立ち上げて無限に就職と離職を繰り返したいレベル。

再就職活動を支援する失業給付金(失業手当)

給付の条件

1.基本的に1年以上雇用保険に加入していること
2.離職後、ハローワークで手続きをしていること
3.離職後、一定の就職活動をしていること

離職し、失業状態になった時にもらえるお金を失業給付金と言います。

給付額は諸状況によるが退職前6ヶ月間の給料の約50〜80%

失業保険の給付額は、今まで勤めていた会社から受け取った「退職前6カ月間の給料」の約50~80%に相当します。

支給日数は主に離職の理由によって異なる

支給日数は、年齢や雇用保険に加入していた期間も関わってきますが、一番は離職の理由によって決まります。自己都合や会社都合などの離職で、支給日数は大きく異なります。

記事になるってことは知られてないのか。 雇用保険の失業給付は退職理由でこんなに違う!- 記事詳細|Infoseekニュース news.infoseek.co.jp/article/allabo…

雇用保険には失業手当だけでなく他の失業者支援制度もある

雇用保険は失業に対する備えだけでなく、育児や介護で収入が少なくなる方への支援など、あまり広く知られていない役割もあります。

教育訓練給付金制度

教育訓練給付制度とは・・・
 働く人の主体的な能力開発の取組みを支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とする雇用保険の給付制度です。

引用元
https://www.mhlw.go.jp/www2/topics/seido/anteikyoku/kyouiku/index.htm

1 2