1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

【日欧EPA】期待の経済効果と 関税削減だけじゃない全容

日欧EPAが発効!が、耳に入るのはワインやチーズの値段の話ばかり…これって輸入品がちょっと買いやすくなるってだけの協定だっけ?

更新日: 2019年02月07日

10 お気に入り 19404 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

日欧EPAが発効!が、耳に入るのはワインやチーズの値段の話ばかり…これって輸入品がちょっと買いやすくなるってだけの協定だっけ?

yuiyui2014さん

2019年2月1日 とうとう日欧EPA(経済連携協定)発効

つまり、日本では欧州産のワインとチーズが安くなり、EU加盟国では日本車が安くなる。

▼耳に入るのはワインやチーズの話ばかり…輸入品がちょっと買いやすくなるってだけの協定だっけ?

日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(#EPA)が発効しました。 関税削減で小売店などでは早くも欧州 #ワイン などの #値下げ が始まりました。 #日欧EPA pic.twitter.com/ky3ufsJMpC

【ワイン、チーズ、食品値下げ 日欧EPA発効】 日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)が発効し、世界貿易の約4割を占める巨大な自由貿易圏が誕生。小売業界では早くも関税削減による仕入れコスト減少を見込み、欧州産ワインの値下げを始めています。 詳しくは⇒jiji.com/jc/article?k=2… pic.twitter.com/pCwmxHItZx

@nhk_NEWSWEB FTA でなくEPA なのに、なぜ関税のことしか報道しないのですか? #nhk24

▼ちょっと待て 「EPA」は関税に止まらない包括的な協定のはず

【FTP】
国や地域の間で,モノの関税やサービス貿易を円滑にする協定
【EPA】
物のほかに投資や人の移動、知的所有権等を含めた、包括的な協定

2019年2月1日になった瞬間、日欧EPAが発効される。 関税は撤廃され、チーズやワインを中心に、安くなる輸入品が多数。 これぞ、アベ外交の結晶だ! しかし、こんなにGDPや国益に影響する事をマスコミは絶対に報道しないw pic.twitter.com/n6OaILa8kG

貿易の自由化に加え,投資,人の移動,知的財産の保護や競争政策におけるルール作り,様々な分野での協力の要素等を含む,幅広い経済関係の強化を目的とする協定

単に『モノ』ではなくて、21世紀型の、知的財産やデータについてもEUと議論できることは意義が大きい

欧州企業が日本に進出し,日本企業が欧州に進出する機会が増えます

▼関税撤廃よりも影響ありでは?と(個人的に)思う 日欧EPAのすごいところ

・圧倒的規模を誇る自由貿易圏

日本とEUのGDPを合計すると世界全体の28.4%、貿易額では36.8%を占め、米国、中国を上回ります

・GI(地理的表示)によるブランド戦略、生産者保護

生産者は自ら訴訟などの費用を負担することなく、自分たちのブランドを守ることができる

例えば「神戸ビーフ」や「シャンパン」などの生産者は、模倣品による権利侵害を防げる

EPAの交渉妥結によりEU側71産品、日本側48産品を相互に保護

和牛をはじめとした日本の畜産物は、国内だけでなく海外からも高く評価されており、今後さらなる輸出の伸びが期待される分野

・海外進出する際ソースコードの開示要求を禁止

「中国は進出する外国企業にソースコードの開示を要求でき、サーバーを自国内に置くことも求める。こうした「デジタル保護主義」に反対し、データの安全で自由な流通を促す。」 知らなかった。 nikkei.com/article/DGKKZO…

中国は進出する外国企業にソースコードの開示を要求することができ、サーバーを自国内に置くことも求める。こうした「デジタル保護主義」に反対し、データの安全で自由な流通を促す。企業秘密を強制的に開示させられるリスクがなくなれば、日本企業も欧州進出の不安材料が減る。

1 2