1. まとめトップ

『ハミルトン』に登場するトマス・ジェファーソンの邸宅モンティチェロとは?

ブロードウェイミュージカル『ハミルトン』に登場する。トマス・ジェファーソン。彼にはモンティチェロという邸宅があり、世界遺産にも登録されています。どのような建物なのかをまとめましたよ。

更新日: 2019年02月05日

0 お気に入り 181 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ブロードウェイミュージカル『ハミルトン』に登場するトマス・ジェファーソン。彼はアメリカ合衆国第3第大統領でした。

彼にはモンティチェロという邸宅がありました。作品内ではハミルトンが揶揄する場面もありますが、どのような場所だったのでしょうか?

モンティチェロ(英語名:Monticello)はアメリカ合衆国バージニア州シャーロッツビルに位置し、アメリカ独立宣言の起草委員およびアメリカ合衆国第3代大統領を務めた、トーマス・ジェファーソンの邸宅と歴史的なプランテーションがあった場所である。

モンティチェロ(英語名:Monticello)はアメリカ合衆国バージニア州シャーロッツビルに位置し、アメリカ独立宣言の起草委員およびアメリカ合衆国第3代大統領を務めた、トーマス・ジェファーソンの邸宅と歴史的なプランテーションがあった場所である。モンティセロ、モンティッチェロとも表記される。邸宅は主にジェファーソン独自のデザインによるものであり、1769年に建設が始まり、その後再設計・増築を経て、1809年に完成した。リヴァナ峡谷(Rivanna Gap)の南、サウスウエスト山脈(Southwest Mountains)の中で高さ850フィート (260 m) の峰の頂上に建てられている。モンティチェロ(Monticello)はイタリア語で「小さな山」を意味する。

1923年、民営で非営利組織であったトーマス・ジェファーソン財団が、ジェファーソン・リーヴィからモンティチェロを買収した。今日において、モンティチェロは博物館及び教育機関として管理されている。来訪者は地下貯蔵庫の各部屋と1階を見学することが出来るが、2階と3階については一般に公開されていない。

モンティチェロは、世界遺産に選定されたアメリカ合衆国で唯一の私人の住居である。また、1989年から1992年にかけ、アメリカ国立公園局歴史的建造物調査(HABS)の建築家の一団が、モンティチェロを正確に測量した製図の集積を入念に創り上げた。これら製図は現在、アメリカ議会図書館にて保管されている。この世界遺産登録にはモンティチェロと共に、ジェファーソンによるバージニア大学も含まれている。

1