1. まとめトップ

手軽にできる..!コットンの代わりに身近な「アレ」でパックするといいらしい

保湿したいけどコットンがなくてパックができないとき、コストを安くしたいときにおすすめ

更新日: 2019年02月05日

2 お気に入り 2278 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

math1005さん

毎日保湿したいけどコストが…

肌を保湿したい時、シートマスクやコットンパックをする方が多いのではないでしょうか。

ドラッグストアなどに行くとコットンってたくさんあって迷いますよね。
たくさん入っててお得なもの、値段の割には枚数が少ないもの。

コストが気になる人におすすめ「ティッシュパック」

毎日パックしたいけどコスト面が気になるという時や、パックで保湿したいけど、シートマスクやコットンを切らしている、なんていう時に活躍するのが「ティッシュ」です。

ティッシュで保湿が出来るの?と思う方もいるかもしれませんが、美容家のIKKOさんもオススメしている効果の高い方法なんですよ!

方法

【「ティッシュパック」の正しいやり方】
1. まずはキレイに洗顔をして汚れを落とし、化粧水で保湿する
2. ティッシュを2〜3枚用意し、縦2〜3枚に割いておく
3. 軽く折りたたんで化粧水をたっぷりと染み込ませる
4. ティッシュで顔全体を覆うように乗せる
5. 2〜3分放置したらはがす
6. 最後は乳液やクリームでしっかり潤いを閉じ込める

手軽なので毎日続けやすい「ティッシュパック」ですが、正しいやり方で行わないと逆効果になってしまいます!肌をしっかり保湿する為の正しいやり方をご紹介します。

この方法でしっかりやる!

意識したいポイント

・ティッシュを乗せた時、乾きにくくする為にたっぷりと化粧水をスプレーしておくと◎
・パックを行うタイミングは、お風呂上がりやメイク前がオススメです。
・乾燥の原因となってしまうので、ティッシュが乾く程長時間顔に乗せないようにしてください。
・ティッシュがうまく貼りつかない場合は、ティッシュの上からラップを被せるのがオススメです。
・肌の調子が悪い時は、行わないようにしてください。

手軽にできるティッシュパックのメリットとは

1.肌に優しい

化粧水をコットンに染み込ませて行うコットンパックは、コットンを何枚かに割いて肌に乗せる為、毛羽立ちやすく、肌が痒くなったりと、肌への刺激になる可能性があります。

ティッシュは毛羽立ちもなく、ホコリや繊維が肌に残りにくいので、肌に優しいと言われています。

2.毎日行いやすい

それに比べ、ティッシュはコスト面を気にせず使うことが出来るし、家にいつでもあるものなので特別に用意する必要がなく、毎日行いやすいんです。

3.続けやすい

ティッシュパックは、肌に乗せる時間が短く、短時間で行える為、時間がなくても続けやすいのがメリットの一つです。

4.肌を柔らかくする

ティッシュパックは肌に不要な圧力を加えることなく、丁寧にハンドプレスしているようなものなので、短時間で肌を柔らかくすることが出来るんです。

ティッシュを乗せているだけですが、化粧水がじっくりと角質層に染み込んでいきます。

5.角質層の乾燥を防ぐ

角質層が水分で満たされると柔らかくなり、肌のキメも整っていくので、乾燥を防いで肌荒れなどを改善していくことが出来ます。

乾燥を防ぐことは、もちろんエイジングケアにも有効ですよ。表面のカサカサ感がなくなり、小じわも目立たなくなっていきます。

1 2