1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「十分な食事与えず」‥小4女児虐待で徐々に明らかになってきたこと

千葉県野田市で小学4年生の女児が虐待を受けた後に死亡し、父親が逮捕され、暴行を共謀した疑いが強まり母親も逮捕された事件で、母親が、娘に十分な食事を与えていなかった疑いがあることがわかったと報じられました。

更新日: 2019年02月05日

6 お気に入り 22237 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●千葉で起きた小学4年生女児虐待事件

千葉県野田市で小学4年生の栗原心愛さん(10)が虐待を受けた後に死亡し、父親の栗原勇一郎容疑者(41)が逮捕された事件

会社員の栗原勇一郎容疑者(41)は先月24日、長女の心愛さんに冷水のシャワーを掛けるなどしてけがをさせた疑いが持たれています。

●教委は、女児の学校アンケートコピーを父親に渡していたことが判明

おととし、女子児童が「父親にいじめられている」と記した学校のアンケートのコピーを、

・容疑者は「暴力はしていない」「訴訟を起こす」などと抗議していたという

野田市教委は取材に、心愛さんが児相に一時保護されたことに対し、容疑者から学校側に激しい抗議があり、それを抑えるために手渡したと説明。

・31日には、女児のアンケート記述内容を公開

【父の暴力訴え】女児の直筆アンケート、野田市教育委員会が公開 news.livedoor.com/article/detail… 一時保護されるきっかけとなったもの。市の担当者は「父親が虐待を否定する中、女児の名誉のため」と公開の理由を説明した。 pic.twitter.com/zZDagT0ozd

野田市教育委員会は31日に記者会見し、アンケートの記述内容を公開。

心愛さんが2017年11月の学校アンケートに「お父さんにぼう力を受けています。先生、どうにかできませんか」

容疑者から「夜中に起こされたり、起きているときにけられたりたたかれたりされています」と書いていた。

●一方、逮捕の父親が校長に「念書」を書かせていたことも判明

【女児死亡】逮捕の父親が校長に「念書」を書かせていた news.livedoor.com/article/detail… 今後、保護する際にはすぐに父親に情報を開示することなどを約束させる「念書」を書かせていたことも明らかにした。 pic.twitter.com/95xlXKAwso

心愛さんを保護する際にはすぐに父親に情報を開示することなどを約束させる「念書」を書かせていたことも明らかにした。

この事件で現状わかっていること

●容疑者と暴行を共謀した疑いが強まったとして、母親を逮捕

同容疑者と暴行を共謀した疑いが強まったとして、県警は4日、傷害容疑で心愛さんの母親なぎさ容疑者(31)を逮捕

・同日朝から任意同行して事情を聴いていた。

警察は、両親への取り調べを進め、暴行の状況や心愛さんの死因などをさらに詳しく調べることにしています。

1 2 3