1. まとめトップ

【今から始める花粉症対策】今年もまたスギ花粉がやってきた(;>ω<)ツライ症状を和らげる方法

花粉症は本当にツライですよね。命にかかわる病気じゃないからと軽く扱われ気味ですが、花粉症は免疫系に多大な負担をかけます。できるだけ症状を軽く抑える工夫をおすすめします。今回まとめを作りましたので、ご参考にしていただければ幸いです

更新日: 2019年02月06日

1 お気に入り 1363 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

花粉症はツライです。でも、改善する方法が医薬品以外にもあるらしいので、希望をもってまとめを作りました。ご参考になりましたら幸いです。

KaitTangueさん

花粉症シーズンの始まり

日本人の花粉症は大半がスギ花粉による過敏症状です。過敏症状というか、スギ花粉がおおすぎるんですよね。では、花粉症シーズンはいつから始まるんでしょうか?
実はすでに始まってます(2月5日)

スギに関しては1月からすでに少しづつ飛散が始まっていますので、花粉の飛散はもう始まっているということになります。

スギ花粉は、福岡では2月下旬から3月上旬、広島・大阪では3月上旬、高松・名古屋では3月上旬から中旬、東京のピークは3月上旬から4月上旬、金沢と仙台では3月中旬から下旬にピークを迎えるというのが、日本気象協会の最新のピーク予想となっています。
でも、スギの飛散が終息してもすぐにヒノキの飛散がはじまるのが、春の花粉症の辛いところですよね。私もそうなのですが、スギの花粉症の方は、ヒノキの花粉にもアレルギー反応が出てしまう人が大半なので、花粉症の症状が治まるのは、やっぱり今年もヒノキの飛散が終息する4月下旬か、5月のゴールデンウィーク前ということになりそうですね。

そして今年は花粉の飛散量が多いらしい。。。
冬が特に寒いということもなかったから、去年の猛暑が影響しているんでしょうかね。すでに杉の木々は花粉を成熟させており、乾燥を待つばかりになっているそうです。恐ろしや。

日本気象協会の発表によれば、 2019年春の花粉飛散量は、例年よりも多いという予想でした。地方別では、東北から近畿でやや多く、中国地方では多い、四国は例年並みで、九州は例年並みか多めとなりそうです。北海道は例年を下回るということでした。
北海道と沖縄県は、春の花粉症の元凶になっているスギがほとんどありませんので、本州と比べて格段にスギ花粉症の飛散量が少なくなっています。その代わりに北海道では白樺の花粉が飛散しますので、白樺由来の花粉症が起こりやすくなります。

花粉症の症状

花粉症と言えばくしゃみ、鼻水、セキ、発熱、頭痛、倦怠感、粘膜の腫れ、目の充血、ドライアイの亢進などが代表的です。

くしゃみ・鼻水型、鼻づまり型、目の症状が強い型。花粉症の主な症状はくしゃみ、鼻水、鼻づまり、かゆみなどですが、どの症状がひどいかは人により異なります。

くしゃみ・鼻水型:水道の蛇口を開けっ放しにしたかのように水溶性の鼻水が止まらない。1日10~20回以上くしゃみが出る、など。

鼻づまり型:鼻が詰まって口呼吸をしないと息苦しい、就寝中に口呼吸になるため朝方にのどが痛い、など。

目の症状が強い型:目のかゆみ、充血、涙が止まらない、など。

目の症状が強い人の場合、ドライアイを悪化させて角膜炎などを引き起こす恐れがあるそうです。視力低下の恐れがあるので、できるだけ症状を軽くする工夫をすることをおすすめします。私は常に目薬を持ち歩いてこまめに指してます。

花粉症でも発熱するケースがあります。38度以上の発熱は極めて深刻なレベルに重症化したサインで、レアケースだそうです。でも、レアでも確認されているわけですから、花粉症のみなさんはご注意ください。花粉症によって免疫系がダメージを負い、結果として別の病気になって発熱するケースも考えられます。

花粉症は花粉が原因で起こる季節性のアレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎の総称です。
アレルゲンとして代表的なものはスギ花粉ですが、そのほかにもブタクサ、カモガヤ、最近ではヒノキ花粉が原因として多くなっています。
スギ花粉の飛散時期は2~4月、ヒノキ花粉の飛散時期は3月中旬~5月いっぱいです。スギ花粉症患者さんの7割はヒノキ花粉に対しても敏感なので、両方の飛散時期が重なる時期(3月中旬~4月)は症状も辛くなるようです。

花粉症では最初にアレルゲン(花粉)と接した時、IgEと呼ばれる抗体がつくられます。このIgE抗体は免疫系で重要な働きをするマスト細胞の一種の表面にとどまり、花粉の再攻撃に備えています。この段階ではアレルギー症状は起こりません。
その後花粉が進入してIgE抗体に花粉が結合すると、マスト細胞その他からヒスタミンやロイコトリエンといった炎症を起こす物質を放出します。これらの炎症物質がアレルギー症状を引き起こしてしまうのです。

IgE抗体陽性でも花粉症になっていない人もいますが、そういう人たちは「予備期間」なのだそうです。いつ発症してもおかしくないけど「まだなっていない」というだけ。なので、リミッターを振り切ったとたんに重症化するケースも多いようです。気を付けてください!

花粉症対策(症状を軽くする方法)

花粉症対策にマスクはもはや常識ですよね。目の細かい、スギ花粉を通さないもの。顔の輪郭にフィットしてスキマを作らないものがベストです。
1回屋外で使ったマスクの使いまわしはできません。あと、ポイントがあります。

マスクの外側には屋外に飛散している花粉が付着しています。なので、室内でいったん外すときなんかは「外側が中になるように折りたたみ、袋に入れる」こと。もしくはその都度新しいマスクを使うこと。これがひとつのポイントです。

室内で花粉症の症状が続くのは、室内に持ち込んだ花粉が原因です。つまり、持ち込まなければ室内はOK。花粉が付着しにくい素材の衣類、小物を選んで身に着けるようにしましょう。つるつるした密な布地がベスト。

イオンスプレーで静電気を除去し、花粉が寄り付かないようにするというアイテムもあります。素材そのものの見直しが難しい場合はすべての衣類に毎日スプレーして出かけ、帰宅したとき、室内に入る時にかならず外で花粉を払い落としてから入室するようにするといいらしいです。

花粉症の薬を、症状が出る前から飲み始めると予防になるそうです。花粉症だな~と思ったときにはもう反応しちゃってる状態なので、その前から飲み始めるのがポイントなんだとか。

花粉症の薬は「症状が出てから服用する」という方がほとんどだと思いますが、症状が出ているということはアレルギーを起こしているという証拠。予防のためには花粉が飛散し始める約2週間前から抗アレルギー薬を服用しましょう。早い時期から服用することで、本格的な花粉シーズンに入っても、比較的軽い症状で乗り切ることができます。

笑っていると免疫系が強化されるようです。免疫系がしかかりしていれば花粉に持ちこたえられるということです。完全に症状を抑えられる可能性がどれほどかわかりませんが、ストレスを軽減するだけで体の機能は大きく変わりますから、心掛けてみる価値はあるんじゃないでしょうか。

「免疫」とは体内に異物が侵入した際に、それと闘って体を守ってくれる防御システムのこと。この免疫バランスが崩れると、花粉症などのアレルギー症状を発症しやすくなります。食生活や健康面のケアも大切ですが、1日の終わりに好きな音楽を聴いてリラックスする時間をつくったり、お笑い番組を見て心の底から笑ったりすることも免疫バランスの維持に効果的です。

乳酸菌で花粉症が改善する可能性があるそうです。あくまで可能性だし、症状が改善するとしてもちょっと軽くなるだけという程度の人、全く効果がなかった人、劇的に改善した人がいるくらいなので、絶対ではありませんけども。少なくとも体にはいいですよ、乳酸菌。やらないよりはやった方がいいです。

花粉症は免疫機能が過敏に反応している状態です。そして、残念なことに花粉症の根本的な治療方法は、現在のところ見つかっていないそうです。

とはいえ、治療法は確立されていなくても、「過敏な反応」は免疫力を強化することで「少し過敏な反応」に和らげることができるといわれています。では、どうしたら免疫力を強化できるのでしょう?

実は、人間の免疫力を司る器官は腸といわれています。腸には体の中の免疫システム全体の60%があるため、腸を元気な状態にしておくと免疫も活性化し、より快適な状態に近づけることができるのです。

そういうわけで、乳酸菌全般、花粉症対策には有効とのことです。

花粉症には漢方薬も有効です。漢方薬も症状によって飲み分ける必要があるので、どの薬がいいかは薬剤師さんに相談してください。

漢方で考えるアレルギー性鼻炎は“冷え”“鼻づまり”“熱”と大きく3つに分類され、ご質問のような“冷え”の鼻炎は、春の花粉症シーズンに最も多く見られる症状です。水のような鼻水が気づかないうちに流れる、1日中くしゃみが止まらないといったように、体の中の水分が洪水のように激しく噴き出すことが特徴です。症状から見ても、体内の過剰な水分がその背景にあることを物語っているといえるでしょう。

このような“冷え”の鼻炎には、『小青竜湯』が適しています。この漢方薬は、(1)体を温める、(2)水分代謝をよくする、(3)発散作用によってアレルゲン(花粉)を除去する、という3つの働きによって、不快な鼻炎症状を改善します。また症状そのものを抑えるだけでなく、花粉症の背景にある冷えや水分代謝を調整することで、鼻アレルギーを起こしにくくします。

“冷え”の鼻炎には『小青竜湯』
“鼻づまり”には『葛根湯加川キュウ辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)』
“熱”の鼻炎には『荊芥連翹湯』

「甜茶(てんちゃ)」は、飲み続けると花粉症の症状を軽減してくれるお茶とされています。実証実験で多くの患者が「楽になった」というのを見たことがあります。ずいぶん前にテレビでやっていたので、見た覚えがある方も多いのではないでしょうか。

くしゃみや鼻水、目のかゆみ。つらいムズムズとさよならするために「おいしい甜茶の習慣」を取り入れましょう。スギ花粉の飛散がピークを迎える2月・3月までに対策することがポイントです!

1 2