1. まとめトップ

行動する前に考える!浅はかな行動を改善するためには?

深く考慮せず、感情的で思いつきな行動をする浅はかなな人たち。周りの人の意見も聞かないので、知識が乏しくず考え方も薄っぺらいわけです。そんな浅はかな的な行動を改善するにはどうしたらいいでしょう?まずは行動する前に考える,周りの人の意見を取り入れる、そして…

更新日: 2019年02月06日

8 お気に入り 1191 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

egawomsieteさん

■浅はかな人とは

浅はかな人は問題状況や人間関係において、深く考えることがなく思いつきで行動したり、浅薄な考えで間違った対応をしたりすることが多いのです。

■浅はかな性格を直すには?

じっくり考える癖、周りの意見に耳を傾ける癖をつけることでしょう。

・周りの人の意見に耳を傾ける

浅はかさは、周囲の意見に耳を傾けるだけで軽減されます。もしも誰かから、「もっと考えてから決めたら?」などとアドバイスを受けることがあれば、その通りにもう少し検討を重ねてみると良いかもしれません。

もちろん、物事の最終的な判断は自分で下さなければなりません。最終的な判断まで人任せにしては、浅はかな人から、責任逃れの人に成り下がってしまうでしょう。

誰かの意見は、自分にとって価値や意味のあることかもしれません。相手の立場に立って考えてみたりすることも、自分の可能性を広げることにつながります。

・行動する前に考える

行動を起こす前に、そのことについてよく考える必要があります。その行動は今までの自分の言動と一貫性がとれるかどうかということ、行動を起こした結果どうなるかということや、周囲への配慮、失敗したときの対策などなどです。

また、行動を起こすだけでなく、起こした後の刻々と変化する状況にその都度対応していくことも必要となってきます。

一度よく考えることで落ちつくことができますし、考えてみることでやろうとしていることのおかしさに気づけることも多いです。浅はかなことをしないためには、落ち着くということが大切です。勢いに身を任せるのではなく、行動や発言の前にはワンクッション置く癖をつけましょう。

・行動をイメージ

予定に入っていない突発的な行動をとってしまいそうになったら、一度立ち止まって冷静に「本当にこの行動が必要なのか、その理由はなんなのか」「この行動をとったことによって今後どうなるのか」についてを具体的に考えてみましょう。

・自分の考えや判断を疑ってみる

自分の判断や考えを疑って、欠点を探し出すことができれば、精錬された思考を持つことが出来ます。例えば、タバコやピアスなどから感じる相手への第一印象も、「それだけが本当に全てだろうか」と疑念を抱いてみるのです。

実際、偏った意見や考えは、それを否定する役割が周りにいない状況下で生まれてしまうのです。まずは自分がその役割をもつ必要があります。

・物事に関する知識や経験を増やして、他者に対する想像力を高める

浅はかな性格を直すためには、思慮の浅さの原因になっている「各分野の知識・情報の不足+各種の経験の乏しさ」を改善していく必要があります。

日頃から読書や学習の習慣をつけるようにして、今よりも少しでも多く知識・情報を取り入れていくようにしましょう。

無知で未熟なままである自分を恥ずかしいと思う感性を高めることで、より学習意欲は高まっていきます。

浅はかな性格を直すためのもう一つのコツとして、「他者に対する想像力を高めること」があります。

自分の発言や行動を相手がどのように受け止めるかを具体的に想像すれば、「浅はかな考え+軽率な行動」を減らすことができるのです。

・中長期的な目的意識や人間関係の目標を明確にしていく

浅はかな性格が直らないのは、「目の前にある短期的利益・誘惑的な刺激」ばかりに飛びついているからで、その性格を直すためには「自分の人生の中長期的な目的意識」をはっきりさせていくことが必要なのです。

目先の利益や短期的な快楽ばかりをずっと追い求めていては、いたずらに年齢だけを重ねて、何の将来的展望もない中高年・老人になってしまうリスクがあることに自覚的になりましょう。

中長期的な目的意識を持って、「自分にとって大切な相手との人間関係の目標」を定めていくことができれば、浅はかな性格は直りやすくなります。

・情報の信憑性を確かめる

浅はかさを改善するためには、情報の信憑性を確かめることも大切です。浅はかな人は手に入れた情報を鵜呑みにして行動してしまっていることも多く、それが原因で失敗してしまうことも多いです。よく考えれば間違いだと気づくことでも気づけていない人は多いですし、手に入れた情報は必ず精査して、信憑性を確かめてから使用するようにしましょう。

1 2