1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

YouTubeが評価システムを改善へ、「動画を見ずに低評価クリック」対策に様々な声が…

ユーチューブは魅力的ですが、重要な物の一つとして評価システムがあります。直接収入に影響が出ないとはいえ、低評価が多くなれば視聴者が減るリスクがあるので、できる事なら見てもらって評価してもらいたいものです。しかし昨今わざと低評価を入れる集団がいるようで、対策を講じるようです。

更新日: 2019年02月06日

8 お気に入り 16149 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

YouTubeには評価というものがある

YouTubeには、投稿されている動画やコメントに対して、高評価、低評価ができる機能が導入されています。

YouTubeの動画を視聴して面白かったという気持ちを配信者に伝える手段として、コメントするというのも一つの方法で、もっと気軽にするのであれば高評価するというのが手軽です。

面白かったですか?面白かったら左で、詰まらないなら右をクリックします。

高評価した動画は一覧で確認することができて後でまた探すことなく視聴することができます。

高評価を促す意味としては、
また動画を見てもらうことのきっかけになるからと言えますね。

そして高評価をされることによって投稿者のモチベーションが上がることにも繋がりますよね。

見てもいないのに、低評価を乱打することが問題になっている

報酬につながるといわれているが…

低評価など押してもほぼ収益に意味がない。むしろ、拡散した場合、再生数が増えるから結果的に収益が増えるということなのかな?

でも気分はよくありませんし、見るのを避けたくなるので結果的にマイナスです。

その動画は予想通り大きく再生回数を伸ばしましたが、低評価も量産しました。。。
ちなみにその動画は平均視聴維持率も低かったです・・・。

見てもらえる時間の減少=収入減になるとも言えます。どちらにせよ、見てもないのに低評価は嫌ですよね。

日本語で言うところのいわゆる「アンチ」の集団による特定のクリエイターや特定のゲームの動画に対する低評価は、動画やクリエイターの価値を下げてしまいます。

こうした集団をYouTubeは"dislike mobs"と呼んでいるそうです(mobには集団、暴徒などの意味があります)。

YouTubeでは、低評価の多い作品は関連動画としてユーザーにオススメされにくくなるというアルゴリズムがはたらいているため、悪意のある低評価で実害を被っているクリエイターも少なくありません。

そこでYouTubeが対策を講じた!!

YouTubeの動画に対して、動画を視聴することなく低評価を押す組織的な行為「dislike mobs(低評価する暴徒)」の対策として、評価ボタンの仕様が変更する可能性があることをYouTubeのクリエイターチームが報告しました。

YouTubeのクリエイターチームが運営する「Creator Insider」の動画「YouTube News Flash!」で、低評価ボタンの仕様変更の可能性があると言及しました。

極端な例として「低評価ボタンそのものを撤廃する」という案も浮上しています。

現時点で議論されている可能性は全部で3つ。1つは、高評価・低評価の数値を表示しないこと。2つ目は、低評価を押したユーザーに対して理由を聞くというもの。

低評価が付けられた場合には、何が気に入らなかったのかを視聴者に回答させることで、一瞬考える時間が生まれ、衝動的に低評価を付けるdislike mobsも面倒くさがって低評価を押さないようになるかもしれません。

YouTubeの低評価ボタンの扱いについては、ユーザーからもさまざまな意見が寄せられており、「動画の25%未満しか視聴していないユーザーは評価できないようにするべき」というような案が上がっています。

今後の動向に注目ですね。

様々な声が…

こまる 【悲報】YouTube、低評価ボタンの削除を検討 : SIerブログ sierblog.com/archives/19754…

1 2