1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

河鍋暁斎から曽我蕭白まで!三連休のおすすめ「美術展覧会」

2019年2月の3連休(建国記念日)のおすすめ美術館「展覧会」。『奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド』、『河鍋暁斎 その手に描けぬものなし』、『三井家のおひなさま』、『タータン 伝統と革新のデザイン展』、『ヒグチユウコ展 CIRCUS[サーカス] 』。

更新日: 2019年02月12日

11 お気に入り 11280 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『タータン 伝統と革新のデザイン展』

開催時期:2018年12月8日~2019年2月17日
開催場所:三鷹市美術ギャラリー

世代を超えて愛される「タータン」は、その起源を中央ヨーロッパに住んでいたとされるケルト人にまで遡る。本来は羊毛を綾織にした織物を指していたが、現在ではデザインそのものもタータンと呼ばれている。

本展では、これまで日本ではあまり目にすることがなかった様々なタータン生地約100点をはじめ、19世紀前半にエディンバラで活躍した諷刺画家ジョン・ケイの作品など、タータンにまつわる美術作品や資料を通じてその歴史や社会的、文化的背景をご紹介。

様々な視点からタータンがもつ意味や魅力をさぐります。タータンの多彩な色彩や洗練されたデザインの数々とともにお楽しみください。

本日から #三鷹市美術ギャラリー にて #タータン展 が始まりました。本会場では、《アフタヌーン・ドレス》(神戸ファッション美術館蔵)が冒頭で皆様をお迎えいたします。優雅で可憐な姿に溜息・・・。 pic.twitter.com/Yfqh7Uj6g2

三鷹市美術ギャラリーで《タータン展 伝統と革新のデザイン》。昔から大好きなタータンのデザインをたっぷり見られて満足、エディンバラのジョン・ケイの銅版画が素晴らしく、フランスのモード雑誌や戦前戦後の日本の雑誌や広告等の書物やモダン資料も充実、タータンの生活文化史・商品史に大興奮…! pic.twitter.com/efWvfjpAI9

三鷹市美術ギャラリーの『タータン 伝統と革新のデザイン』展。 昨秋、神戸ファッション美術館で開催された展覧会の巡回展です。 コンパクトながら、内容の濃い展示でした♪ 図録が普通の単行本サイズでした。このあと、岩手・久留米・新潟に巡回するそうです。 #タータン展 pic.twitter.com/bB9uiQEcfG

◆『ヒグチユウコ展 CIRCUS[サーカス] 』

緻密なタッチと自由な発想で、愛らしくもダークな作品世界を生み出す画家・ヒグチユウコ。東京を中心に個展などを通じて発表を行う傍ら、『ふたりのねこ』(2014)で絵本作家としてもデビュー。

自身初となる大規模個展「ヒグチユウコ展 CIRCUS」では、「サーカス」をテーマに、約20年の画業の中で描かれた500点を超える作品を公開。絵本原画をはじめ、コラボレーション作品、書籍の装画、自身のブランドグッズのイラストなどを展示する。

会場には実際にサーカステントが出現。映像やぬいぐるみ作家・今井昌代による立体造形を交え、ヒグチ作品のキャラクターたちが展示空間を盛り上げる。

ミュージアムショップではグッズも販売。ポストカードやヒグチユウコ愛用のホルベインのペンセットをはじめとするステーショナリー、ピアス、ブローチといったアクセサリー、マグカップ、グラスなどの食器まで、幅広いアイテムを取り揃える。

画家・絵本作家として幅広く活躍するヒグチユウコさんの展覧会「ヒグチユウコ展 CIRCUS[サーカス]」が、世田谷文学館(東京都世田谷区)で1月19日(土)から開催。絵本原画をはじめ企業コラボ作品、書籍装画など、500点を超える作品を一挙に公開。 cocomag.net/88334/ pic.twitter.com/bkw2OxBPQB

ヒグチユウコ展は平日に行った方がいいね。 昨日9:30に並んで物販買えたのが15:30だったよ。 とてつもない行列だった。 #ヒグチユウコ展 pic.twitter.com/M2uGfnrtpY

◆『河鍋暁斎 その手に描けぬものなし』

河鍋暁斎(1831~89)は、7歳にして浮世絵師・歌川国芳のもとで絵を学び、狩野派の絵師・前村洞和や、その師である狩野洞伯陳信に入門。独立後は「狂斎」と号し戯画などで人気を博した。

本展では、幕末・明治の動乱期に独自の道を切り開いた暁斎の足跡を展望するとともに、先人たちの作品と真摯に向き合った暁斎の作画活動の一端を浮き彫りにします。

そのほかにも、強い人気を誇った暁斎の戯画や幽霊画が登場。まさに「その手に描けぬものなし」だった暁斎の、多彩な作品とその足跡をたどってみたい。

[明日から開催] 「河鍋暁斎 その手に描けぬものなし」展、サントリー美術館で - 戯画や花鳥画、水墨画など多彩な表現 - fashion-press.net/news/45931 pic.twitter.com/AlmCzKv1Dp

本日サントリー美術館にて収録✨ 【河鍋暁斎 その手に描けぬものなし】 戯画や動物、はたまた幽霊画など エポックメイキングなイメージが 強い暁斎ですが 水墨画や仏画かなどの正統派な物まで とにかく幅広い作品の数々 アイデアも素晴らしい 河鍋暁斎‼️おそるべし‼️ 楽しかったぁ〜 pic.twitter.com/sgOjk3XqMe

2月6日からサントリー美術館で始まる展覧会『河鍋暁斎 その手に描けぬものなし』が良い!伝統的な狩野派の系譜を引く作品から戯画、幽霊画、浮世絵まで、大英博物館など海外を含む幅広い所蔵元から珠玉の約130点が集結。展示のクオリティが高く、暁斎の知られざる業績や人間像に光を当てた好展示です! pic.twitter.com/RZI0nGr5Yn

◆『奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド』

1 2