1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

愛知の養豚場で豚コレラ感染を確認!出荷先4府県へ影響拡大

愛知県の養豚場(トヨタファーム)から豚コレラウイルスの感染が確認された。大阪・滋賀・長野・三重・岐阜の5府県に計1140頭の子豚を出荷していた。

更新日: 2019年02月06日

3 お気に入り 10513 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

wappameshiさん

愛知の養豚場で豚コレラ感染確認

愛知県でも #豚コレラ が…。#感染の連鎖 は、止まりそうにありません…。 写真は豊田市の養豚場に入る作業員(本社ヘリより) pic.twitter.com/5p9H1HcrQc

愛知県豊田市の養豚場で豚コレラに感染した疑いがある豚が見つかりました。岐阜県で感染が確認された去年9月以降、愛知県内の養豚場で感染の疑いが出たのは初めてです。

愛知県豊田市の養豚場で疑われていた豚コレラは、国の検査で感染が確定し、愛知県が、6600頭あまりの殺処分を始めました。

2月5日に県の検査で豚コレラの陽性反応が確認。
2月6日午前に国の検査で豚コレラへの感染が確定しました。

豚コレラの感染が確認された愛知県豊田市の養豚場は、県の調査に対し、最初に異常がみられるブタが見つかったのは、先月下旬だったとしています。

4日の時点で県はこの養豚場に初めての立ち入り検査を行うとともに豚コレラの可能性も検討しましたが、一部のブタでは流産もみられたことから、豚コレラ以外の病気ではないかと考えたということです。結果としてこの時点では、移動や搬出の制限などは行われず、5日朝には長野県に80頭が出荷されました。

この養豚場からは、繁殖した子豚を愛知県田原市の関連農場に出荷していたほか、今年1月以降に大阪、滋賀、長野、三重、岐阜の5府県に計1140頭の子豚を出荷していたということです。

岐阜県や滋賀県等でも陽性反応確認

#農林水産省 は愛知県の養豚場の豚で家畜伝染病「#豚コレラ」の感染が確認されたと発表しました。さらに、この養豚場から出荷した長野、滋賀、岐阜、大阪の4府県の養豚場の子豚からも陽性反応が出たました。 写真特集→bit.ly/2GutrY5 pic.twitter.com/8JYr5cI5II

この養豚場から出荷を受けた岐阜・長野・滋賀・大阪の養豚場でも陽性が確認され、影響が広がっています。

出荷先である滋賀県近江八幡市の農場の豚を県が検査したところ、6日朝、豚コレラの陽性が確認された。

滋賀県は感染の疑いが高いとして近江八幡市内の養豚場内で飼育される全692頭の殺処分を始めた。

#豚コレラ 愛知 大阪 長野 滋賀 岐阜の5府県に拡大 今月4日の時点で岐阜県内では捕獲などした野生のイノシシ112頭から豚コレラウイルスが確認されたことに加え、愛知県側でもイノシシ10頭からウイルスが確認され、愛知県の養豚場などにも感染が拡大が懸念されていました。 www3.nhk.or.jp/news/html/2019… pic.twitter.com/vAgh8ExiSB

【活動状況】  2月6日(水)午前8時30分、愛知県・岐阜県知事より「豚コレラに係る災害派遣」の要請を受け、愛知県豊田市に第10特科連隊(豊川)等を、岐阜県恵那市に第14普通科連隊(金沢)及び第35普通科連隊(守山)等を派遣し活動しています。 ⇒公式HP:mod.go.jp/gsdf/mae/10d/ pic.twitter.com/p19Sn9fmvD

『豚コレラ』とは

豚コレラは豚やいのししが感染する病気であり、強い伝染力と高い致死率が特徴です。日本では家畜伝染病予防法で家畜伝染病に指定されています。

肉を食べても人には感染しない。発熱や食欲減退などの症状が現れ、致死率が高い。

感染源はイノシシか?

岐阜から始まった #豚コレラ 騒動 知り合いの獣医さんから聞いた話だけど、従来の豚コレラだと感染・発症すると高熱や四肢麻痺が出て動けなくなる。そのためあまり拡散せずに自然に終息していく(感染する豚やイノシシが周囲にいなくなるため) (続く)

(続き) ところが今回の豚コレラは初期症状が軽く、感染・発症した野生のイノシシが広範囲を動き回るためウィルスが拡散され収拾が付かなくなっているっぽい。

NHKで、めずらしく、豚コレラについての全国報道。 でも、ここにきても、野生イノシシからの感染説に固執。 昨日発生の豊田市のどこに、イノシシいるんや?

豚コレラ関係で、 豊田にイノシシいないとか言ってる人いたけど、フツーにいるよ! イノシシの気分次第では市街地近くにも出るよ! 豊田なんて、名前だけの田舎だよ! 交通網の強化を求む!

豚コレラ。やっぱ、イノシシだけのせいじゃあないよねぇ。そもそも自然に発生する可能性よりどこかから持ち込まれたと考えるほうが自然。

【豚コレラ 専門家 「感染は“点から面に”」】豚コレラに詳しい北海道大学獣医学部の迫田義博教授は、「これまで岐阜県では散発的に発生する“点での感染”のフェーズだったが、人の手による輸送で広域に感染が広がる“面での感染”に変わったと言えると思う」と指摘しました。

1