1. まとめトップ

押しつけがましい人、噂話好きな人との付き合い方

苦手な人と賢く付き合うにはコツがあるみたいです

更新日: 2019年02月06日

6 お気に入り 3570 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

悩める現代人のためのライフハック。生きづらい今を少しでも明るく!

cnm_plentyさん

あの人、ちょっと苦手だな~

どうすれば賢く付き合えるの?

押しつけがましい人の特徴

押し付けがましい人とは、好意を押し付けてくるありがた迷惑な人や、こちらが断っているのにあきらめの悪い人が多いのではないでしょうか。

押し付けがましい人は、自分がやっている行為がまさか相手が迷惑しているという考えはほとんどないでしょう。更にそれが嫌がられている事実も理解していない場合が多いのです。

勝手にプライベートな部分にまで侵入し、ありがた迷惑を相手に押し付けてきます。このとき相手に対して良かれと思って行動しているので、悪意はない場合が多く「相手は絶対に喜んでいるはず」といった思考で行動しています。押し付けてくるその人に悪意がないと分かっている場合、断りにくいので負のループになりがちです。

相手は良かれと思ってしていることなので断りづらい

1.おせっかいなほど世話好きな人
「こうして欲しいよね?」「こうだと嬉しいでしょ?」と勝手に相手の気持ちを決めつけ、

自分なりに良いと思っていることをしてくる人。

良く言えば世話好きで面倒見が良いと言えるかもしれませんが、

相手がそれを迷惑だと感じていれば、ただの押し付けです。

してほしいことを要求していないうちから、勝手に判断して行動に出てしまう人は、

自己満足の範囲になっていることに気付けません。

むしろ自分は良いことをしていると思いがちで、余計なお世話を多々してしまうことでしょう。

このような押し付けがましい人には、「間に合ってる」「結構です」と一度ハッキリと意思表示した方が無難です。

2.人の話を聞かない人
押し付けがましい人は、相手の話を聞かずに、自分の中で判断する傾向にあります。

話を聞く前から自分の中で事を進めてしまう為、せっかちだと思われることもあるでしょう。

相手が望んでいることが、自分のしようとしていることだとは限らない。

そういったことを考えられないのは、相手の話をきちんと聞くことが出来ないからです。

どうしてそうなるのか、どうしてこうするのか、ということを自分の中でしか考えておらず、

基本的に相手の意見は無視の状態。

相手は「話を聞いてくれない」「聞く耳なんてない」という見方をすることでしょう。

3.自分流をアドバイスしてくる
押し付けがましい人は、自分の中で基準となるものや、

確固たる価値観を持っていて、それを押し付けてくることが多いです。

そのため、人が自分の基準と外れたことをしたり、耳にしてしまうと、

アドバイスを上から目線でしてくることがあります。

「こうじゃなきゃダメでしょ」「こうすべきだよ」と、あたかも自分の意見が絶対正しいかのようなアドバイスをしてきます。

人にはそれぞれ異なる価値観があることを理解出来ず、すべての基準は自分。

間違っていること、まがっていることに気付いてしまうと、黙って見過ごすことが出来ないのです。

4.恋人には重い存在に
押し付けがましい人の恋愛は、恋人の負担を大きくしてしまいます。

自分の気持ちを押し付け、時に束縛や干渉が激しくなってしまうこともあるでしょう。

しかしその時「ここまでしてあげているのに」「こんなにも好きでいるのに」と、

自分の気持ちが優先されてしまい、相手の感情はくみとりません。

そのせいで、相手からは重い人、一方的な人という印象を持たれ、

恋愛に疲れを生じさせて、別れることを選択させてしまいます。

愛情の押し付けほど迷惑なものはないのです。

5.拒否されることが苦手
押し付けることが日常的になっている人は、「やめて」「もういいよ」と拒否されることが苦手です。

自分がしようとしていることを拒否されるということは、

自分を否定されてしまうということに繋がり、自信をなくしてしまうこともあります。

本来押し付けがましい人は、正しいと思い込んでいたり、相手の為と思い込んで行動しているもの。

それを否定されてしまっては、自分の価値観を全否定されてしまった気分になってしまいます。

ただ言わない限りは相手も気付きません。

タイミングや状況を見計らって、押し付けを拒否する機会を伺いましょう。

押し付けがましい人は、自分のことを「いい人」だと思っています。

その言動によって迷惑していること、不快に感じていることがあれば、ストレートじゃなくても間接的に伝えるべきです。

拒否しない限り、「相手は望んでいる」と思い込み、自分流を押し付けてくることが続いてしまうことでしょう。

もっとも手っ取り早い戦法は、「この人はこういう人なんだ」と受け入れてしまうことです。自己中心的なのは、愛情の飢餓感を抱いているから。

「かわいそうな人なのね」と受け入れることが出来れば良いのですが……それが出来ないから困っている!という方も多いかものかもしれません

キッパリと断ることが重要です。ただ、自己中心的で押し付けがましい人は、自分の「親切」が受け入れられなかったとき、怒ってしまうことも多いもの。その後の関係がぎくしゃくしても構わないなら、おすすめの戦法です。

「キッパリ断る戦法」と同じですが、その前に一言「ありがとうございます」というクッションを入れてみてください。

押し付けがましい人に対して「ありがとう」と言うのは、かなり苦痛かもしれません。こんなときには「自分とは違う価値観があることを教えてくれて」という言葉を、心の中で付け加えてみてください。きっと心からの「ありがとう」が口に出せるはずです。

そしてその後、やんわりと断りの文句を伝えます。「ありがとうございます。でも……」と繋げることで、相手の気持ちを受け入れつつも、相手の価値観を拒むことができるでしょう。

円滑に人間関係を繋ぐ対処法です

噂話好きな人の特徴

噂話が好きな人には、「優越感に浸りたい」という心理があると考えていいでしょう。

人のうわさ話の大半は、話題の人についての悪口になるものですが、その人のことを貶めることで、自分が心理的に優位に立とうとしているのです。

たとえば、知人が夫婦仲が悪く、ケンカが絶えないという情報をキャッチしたとします。

噂話が好きな人は、その話を、共通の知人に話すにちがいありません。

噂話の多くは、話題にしている人に対するネガティブな話になると考えていいでしょう。

つまり、噂話をする場合、人を褒めるよりも人をけなすことのほうが多くなるわけです。

では、どうして、その場にいない人に関するネガティブな話をしたがるのか、そこにあるのは、「話題にしている人に対して悪い感情を抱いている」という心理にほかなりません。

そこにいない人について、日ごろから良くない感情を抱いているため、ほかの人にその人に関するよくない話をし、悪い評価をするのです。

ストレスやフラストレーションが溜まっているというのも、噂話が好きな人の心理の一つです。

人間はだれしも多かれ少なかれ、日々、ストレスやフラストレーションを感じながら生きているものです。

そして、それぞれ、自分のやり方でストレスなどを軽減、解消、発散しているといっていいでしょう。

噂話が好きな人は、人の噂話をすることによって、ストレスなどを軽減、解消しようとしているのです。

噂話には気分をすっきりさせる場合もあります

噂話が始まるとつい同調してしまいがちですが、噂話のターゲットとなる人のことをよく知らないのであれば、否定も肯定もせずに受け流すことが最適です。

もし否定をしてしまった場合、今度はあなたが噂話のターゲットとなり、根も葉もない噂を流されてしまうかもしれません。

かといって噂話に同調し、「私もそう思う」などと肯定してしまった場合、その噂が本人の耳に入った時に「○○さんも言ってたよ」ということもよくある話です。

せっかく仲良くしていても、その後の関係にひびが入ってしまうかもしれません。

噂話が始まっても決して同調はせず「へぇ、そうなんだ」「いろいろだね」「私はよくわからないなぁ」など、あいまいな返事で切り抜けることが一番の対処法です。

噂話を聞いてもあくまで「よくわからない」というスタンスを貫き、受け流すことが大切です。

噂話に興味を示さないことも大切なポイントです。

「○○らしいよ」とか「○○なんだって」というような話のほとんどは、本当かどうかわかりません。

「そんな話には私は興味がない」ということをしっかりと示すと、「この人は自分の期待する反応をしてくれない」と感じ、噂話を振ってこなくなります。

噂話をする人は「同調してもらいたい」とか「一緒にあの人を嫌いになろう」というような気持ちで言っている人も少なくありません。

興味を示してくれなければつまらないので、噂話の回数はぐっと減るはずです。

噂話が好きな人は、ストレス発散だったり自分を優位に立たせたかったりと、何かと注目を集めたいという人も少なくありません。

噂話を終わらせて違う話題にすんなりと持っていくには、相手が優位になるような相談事を持ちかけるのがおすすめです。

恋愛のことや家族のこと、ちょっとした悩み事でいいので軽く相談し、噂話が好きな人に「○○さんならどうしますか?」などと聞いてみるといいかもしれません。

相談することで「頼られている自分」に気持ち良くなり、噂話から話題を反らすことができるでしょう。

人付き合いは面倒だけれど刺激的!

人それぞれ思いや価値観は違います。苦手だけど思いやりを持った行動も、関係を続けていく上で大切です。

1