1. まとめトップ

【2019年版 ラジオ録音】radiko タイムフリー・らじる★らじる(NHKラジオ) 簡単録音

とりあえずラジオ録音パソコンソフトで自分の求めるものはどれがいいのか探しています。そんな中でradiko(ラジコ)や、らじる★らじるを録音するにはどれがいいのかという、2019年現在のベスト3と簡単に録音できる使い方を随時公開していきたいと思います。

更新日: 2019年02月07日

3 お気に入り 8672 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

GetLuckyさん

ラジオはネットで聞く時代

時代はインターネットラジオ。電波が悪くて聞きづらい、カセットに録音なんて、さすがにもう昔話。

そんなインターネットラジオの代表格がradiko(ラジコ)とNHK らじる★らじる。
しかも、radikoや、らじる★らじるは過去の放送まで期間限定で聴くことができます。

radiko ってなに?

らじる★らじる

radiko と らじる★らじるの過去放送を聴くには?

過去の放送を聞けるなんていい時代になりました。

radiko
「タイムフリー」という機能で過去1週間分の放送を聴く事ができてしまいます。

らじる★らじる
「聞き逃し番組」という形で聞くことができます。
こちらはradikoと違い番組によって様々な期間のようです。

なんとこのタイムフリーや聞き逃し番組はなんと無料で使えてしまいます。改めていい時代ですね。

それでも忙しくて聞き逃す人は録音

インターネットで聞けるこれらラジオもなんと録音することができるんです。
スマホでも録音できるものもありますが、WiFi環境で録音しないとせっかくの録音が台無し。
自宅のパソコンで録音するのがおすすめです。安定したネット環境で安心して録音できます。

これでまさに聞き逃しもなし。おまけにお気に入りの番組はタイムフリーの期間を過ぎても何回でも聴くことができてしまいます。
特に語学系は何回でも聞きたいから録音するのがベストですね。

2019年 ベスト1 ラジオ録音ソフトは "ネットラジオ録音 X"

Mac版は2月下旬予定とのこと

・対応OS: Windows 7 SP1, 8, 8.1, 10
・CPU/メモリ: 上記OSが快適に動作する環境
・その他: インターネット接続 / メールアドレス

2019年1月30日に発売された最新版。新しいからベスト1というわけではなくて、この製品しか対応していない機能があります。

それはこのネットラジオ録音 Xは、音声ファイルのメタタグを完璧に自動で入れてくれる。
これは目からウロコな機能。

iTunesに読み込んだときのアルバム(ラジオ番組)ごとの管理がすごく便利になりました。これはアルバム、アーティスト(ラジオパーソナリティ)別などの管理面でとても助かります。

しかも、お気に入りのラジオ番組のアルバムアートワークまで取得できてしまうんです。ここまでできるものはこのネットラジオ録音Xしかありませんでした。

今までiTunesに保存した時に、全部グレーの音符マーク、、、CDアルバムジャケットのように綺麗にまとめたいそんな願望を叶えてくれた唯一のラジオ録音ソフト!最高です。

今までの他のラジオ録音製品はなんでメタタグやアートワーク(アルバムジャケット)を自動で対応していなかったんだろうっていうくらい、感動です。

録音した音声ファイルも、録音と同時に、もしくは後からでもm4a / mp3 / aac / flac / mp4 / wavに変換できるのが便利便利な機能です。

2019年ベスト2のラジオ録音ソフト "ネットラジオレコーダー8"

Win / Macが一緒になっています。

■対応OS:Windows 10/8.1/7、MacOS X(10.9以降)
■CPU・メモリ:上記OSが正常に動作するCPU・メモリ
■必要ドライブ容量:60MB(インストール時)
■その他注意事項:インターネットへの接続環境必須

2018年に最新版ネットラジオレコーダー8が発売されました。バージョンを重ねて特筆するほどの新機能はないものの、安定しているラジオ録音ソフトかとおもいます。画面は原色を多く使っている他、独特な使い勝手でなのが難点。マウス移動がかなり多くて疲れます。
ただし、Androidアプリがあるのはいいですね。

2019年 ベスト 3のラジオ録音ソフト ラジ録11

Win / Macはそれぞれ別売り
OS : Windows Vista/7/8/8.1/10 (Vistaは32bit版のみ、7以降は32bit/64bitで動作可)
CPU : 1GHz以上
メモリ :1Gb以上
HD : プログラム本体100MB
グラフィック : 800x600ドット、ハイカラー以上が表示可能なこと

OS : MacOSX 10.8以降のインテルMac(macOS Mojave対応)
CPU :Intelプロセッサ
メモリ :256Mb以上
HD :本体60MB
グラフィック:1024x768ドット、ハイカラー以上が表示可能なこと

1