「宮崎県観光の父」である岩切章太郎により、1926年4月22日に前身である宮崎市街自動車が設立、戦時企業統合政策により宮崎鉄道・宮崎バス・都城自動車が合併して宮崎交通となり、現在の独占体制が形成される。1960年代前後の新婚旅行ブームの中核企業として発展する。
21世紀に入ってから収支が悪化し、2005年1月18日に産業再生機構の支援を受けることが決定。雲海酒造、宮崎空港ビル、宮崎ガス、宮崎銀行、宮崎太陽銀行、全日本空輸、九州電力、西日本鉄道、ニッポンレンタカーサービスなどの私企業の支援も受けたグループ8社の統括持株会社「宮交ホールディングス」の経営下に入り、2006年10月27日に弁済が完了した。この支援期間中に路線の見直しが行われ、減便や廃止が多くあった。

出典宮崎交通 - Wikipedia

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【宮崎・乗り物】宮崎交通(宮崎市)

宮崎交通株式会社(みやざきこうつう)は、日本の宮崎県を中心にバス事業などを行う会社である。宮崎県内に広くバス路線網を有し、県内には同等規模の同業会社は存在せず、ほぼ独占企業である。出典宮崎交通 - Wikipedia

このまとめを見る