1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

その気持ちわかる…Twitter発「日本社会にモノ申したいこと」報告

日々生活していれば色々なことが起こるものです。Twitterで見つけた「日本社会にモノ申したいこと」をまとめてみました!

更新日: 2019年02月07日

7 お気に入り 24390 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

日々生活していれば色々なことが起こるものです。Twitterで見つけた「日本社会にモノ申したいこと」をまとめてみました!

isaaccさん

Twitterで見つけた「日本社会にモノ申したいこと」をまとめてみました!

○残業デーを作ったほうがいい

ノー残業デーとかいう残業ありきのシステムの上にできたものじゃなく、ノー残業を基本にして本当にどうしようもない場合のみ残業しても許される残業デーを作ったほうがいい

@yashi09 残業あるのがデフォルトになってるのがおかしいですよね・・・

@yashi09 そのツイートを漫画の枠にすることで全ての人の無意識に刷り込ませてください!お願いします!!

○疲れたら休むもんだ

「仕事で疲れた…」 ↓ 「栄養ドリンクだ!!」 ってCMが多過ぎる。いや疲れたら休めよ。洗脳だろ。 「仕事で疲れた…」 ↓ 「旅行だ!温泉だ!!」 ってCMを旅行会社はバンバン流してよ。疲れたら休むもんだともっと啓発してよ。

@MinoDriven まじそれ... 風呂の入浴剤のCMでも、風呂に入る時間が少なくなってるから、少しの時間でも疲れが取れる入浴剤!ってやってるけど、いや、長く風呂入れる時間取れるようにしろやって思った。

@MinoDriven すると崖登りで「ファイトー!」「イッパーツ!」ってやるリポDのCMが一番正しいのか…(というかあのCM始まった時代はまだ栄養ドリンクで仕事乗り切ろう的な時代じゃなかったんか

@MinoDriven 日本ではモンスターもレッドブルも仕事や徹夜のお供みたいな扱いだけど、本来はスポーツや遊びの時に飲むものですからね。エナジードリンク1つを見ても日本と欧米の違いが分かります。

○理不尽かつ不思議な現実

「1分1秒でも遅刻は遅刻」と出勤段階では当然のごとく厳しく1秒単位の時刻オーバーでも罪やら恥やらと見なされるのに、「1分1秒でも残業は残業」とはならずに退勤段階では突然時間管理が一気に曖昧になって多少の時刻オーバーでは黙殺されたりもするという理不尽かつ不思議な現実。

@TeacherChildish 着替える時間も拘束時間だと思うのに着替えた後から勤務時間開始、着替える前に勤務時間終了もずっと疑問だと思ってました。

@TeacherChildish 本当これ! 出勤時間には凄く煩いくせに、退勤時間は超絶ルーズって何やねん!?

@TeacherChildish @compon 本当は1分だとしても記録されてる残業を加算しないのは違法なんだけどね。合算して給与計算時に30分単位で丸めるのはアリだけど。

@TeacherChildish 遅刻には厳しいが残業時間にはめっぽうゆるい日本の不思議は、和を尊ぶがあまり主体性を持たず周りの目ばかり気にする日本人だからこそ起こりえる不条理。欧米なら(ほぼ)厳格に残業管理がなされるのは、個の尊厳と権利が優先される個人主義だからで、言うべき時に言う事を言うからこそ成し得る物。

○勤労意欲はわかなくなる

「エッチなものを隠せば性欲はわかなくなる」があるなら「給料が下がれば勤労意欲はわかなくなる」もちゃんとまかり通るようになってほしい

@kusakariiinu 残業代を上げるため基本給を下げる→残業禁止(→サビ残の実質強制)のコンボで給与が下がった という旨のツイートを先日見かけました

○通勤時間込み8時間労働

1 2 3