1. まとめトップ
  2. 雑学

独自の磨き上げた技術を取り入れ優れたセダンを作り上げた日産・セフィーロ

数多くある日産の名車の1つ・セフィーロはよく見かけるセダン車とは一味異なる雰囲気があって、麗しいエクステリアデザイン、空気抵抗を抑えた空力特性、バランスのよい車の基本性能を押さえていて、最新技術を採用して立派に成り立たせているのが特徴。

更新日: 2019年02月07日

2 お気に入り 3909 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

結論から言えば、美しさと遊び心を兼ね備えている新しいコンセプトのパーソナルセダンという車種でこの世に生まれ出た。ちなみに車名は、スペイン語でそよ風を意味する。

cobbyjpさん

上品さが際立つ、日産自慢のセダン車・セフィーロにはこんな魅力があった

彼氏の車が日産セフィーロでした。死にたいくらい恥ずかしくて惨めな思いのデートでした 30年も前のセダンとかないですよね。 しかも助手席の窓開けて皆さん お元気ですか?って「井上陽水かよ」って感じですw 私なにかおかしいこと 言ってますか? 普通の感覚ですよね? pic.twitter.com/r3TXppWEHe

流麗なスタイリングを持つセフィーロだが、デザインを手掛けたのは、後にアウディに移籍することになる和田智。ボディサイズは全長×全幅×全高:4690x1695x1375mmと、ギリギリで5ナンバー枠に収まるサイズだ。駆動方式はFR、エンジンは当時のスカイラインなどに搭載されていたRB20系のものが採用された。NAはもちろん、ターボ付きのエンジンを選択することも可能であったため、後にドリフト仕様のベース車として選ばれることも多かった。その結果、現在では姿を消していった個体も少なくないように思う。

土台となるプラットフォームは、スカイラインやローレルと共通している

自動車の基本部分に当たる土台・プラットフォームはセフィーロだと同じく日産で製造していたスカイラインやローレルと共有している。具体的に説明すると後輪駆動・FRを採用していて前は独立懸架。後ろは車軸懸架という前後で異なるサスペンションが使われ、しっかりと土台の役割を果たしていた。

日産 セフィーロ [A31型] スカイライン、ローレルと基本コンポーネンツを共有する姉妹車である。 S13シルビアのプロジェクターヘッドランプを採用している。 バブル期の日産を象徴する名車の内の一台として知られる。 pic.twitter.com/hF6XD5bUvc

初代・A31型は男性をターゲットにして、自由な組み合わせも楽しむことができた

昭和の終わりから平成が始まって数年となる、1988年から1994年の間に初代セフィーロ・A31型が誕生し、今までのセダン車とは違う形状やマニュアルトランスミッション、3種類もある2LのRB20系エンジン、先ほど紹介したようにスカイラインやローレルと共有したプラットフォームを用いているのが第一印象で、さらには持ち主の至高によって外や内側の色、内装生地などを自由自在に組み合わせるセフィーロ・コーディネーションを導入したのも魅力。

ソウル・バルセロナ・アトランタのオリンピック3大会分の報道写真集が出てきたんだが、広告がエモすぎてヤバい… まさかこんな身近な場所でA31セフィーロの広告に出会えるとは… #自美研 pic.twitter.com/x7HZ5GI6tf

#日産の日 僕を決定的に日産直6フェチにしたC130ローレルと、現愛車のA31セフィーロ。 直6の2リッターセダンという点以外にも、実は共に村山工場生まれという共通項もある。 #A31 #セフィーロ #ローレル pic.twitter.com/cnYp8b4jg1

平成に入って2代目・A32型になると、より深い追求を目指したことがわかる

1994年に後輪駆動から前輪駆動に変わりVQエンジンを搭載した2代目が誕生した。生産に欠かせない工場を別の場所に移動してラグジュアリー志向やスポーティー志向のものなどを製造したり、女性が運転しやすいようにまとめてABS(アンチロックブレーキシステム)やSRSエアバッグを取り入れて安全性に考慮するなど前回にはない工夫を行ってより進展させたことが伺える。なお、この車に乗った人の感想は、「さりげなく加速できるのがよい」「停まっている車をよけて進む追い越しに自信が付いた」などがあるので、より性能がよくなったことも伝わる。

53.A32セフィーロ前期2.0エクシモ 「マイ・スウィート・セフィーロ」でございます(笑) 幼い頃はダークグレーパールのA32、沢山いたんだけどなぁ・・・。勿論5MTのフルオプション仕様を。 pic.twitter.com/1MbZX2EosE

イルカをモチーフにした3代目・A33型は、台湾への進出に向けたものも登場した

ついに3代目に発展したセフィーロは、全体を滑らかにしてまるでイルカを連想させるようなボディにして、見やすいメーターパネルやスイッチが手に届く所にあるユニバーサルデザインの先駆けを取り入れ今までにはない心地よさを発揮できるよう工夫した。肝心のエンジンはV型6気筒DOHC VQ25DD型直噴またはVQ20DE型リーンバーンの2種類があり、全長及び室内の広さはミリ単位で拡大して、今までのセフィーロの中で最長、最大となった。そして2代目から続いている台湾市場への展開も、より深くなるよう目指したことも忘れてはならない。

派生車・セフィーロワゴンは当時のブームに合わせて仕立てられた

2代目が発売されていた1997年に、派生車種のセフィーロワゴンが登場した。これはステーションワゴン型の乗用車に分類され形状はまるでハッチバックをセフィーロらしくなるよう平べったくした感じであり、他車が直列4気筒エンジンを用いているのにこちらは静粛性に有利なV型6気筒エンジンや電子制御エンジンマウントを採用して、圧倒的に差を付けた。なお種類は前期と後期に分けられて、どちらにもそれぞれ異なるグレードがあったので、より多くの人を引きつけたことは確かだ。

セフィーロワゴンのこのガラスが繋がったようなデザインのもっちり具合結構好き pic.twitter.com/mOAvBBMRjj

より自分らしい輝きを加えるために、カスタムしても構わない

これだけ紹介したセフィーロは、そのままの美しさを保っても構わないが部品を加えて自分好みにカスタムしても全然悪くない。フロントバンパーにエアロパーツを加える、ホイールを凝ったデザインのものに変える、フロントリップ、ハーフスポイラーで少しだけ特徴を出す、ヘッドランプを別のものに変える、リア部分にウイングパーツを付けてスポーティーに見せる、フロントグリルを加えて全体の印象をがらりと変えるなど、色々な工夫がある。

#INFINITI_I30 日本名セフィーロ。 既にカスタムされており、見た目、内装、音は完璧だそうです。 来年3月初旬入庫予定。ナビだけ変えます。個人的にツインモニターは嫌いなのでインフィニティのナビから上書きして純正チックにする予定。という事でナビはストラーダと確定‼️ このナビは神ですよ‼️ pic.twitter.com/bkMd5LcDdW

在庫車両情報 日産セフィーロ インフィニティl35仕様! 希少な純正本革V62.5lをベースにココも?こんなところまでUS化!? USDMカスタムに興味があればぜひ一度ご覧下さいm(__)m 部長イチオシ車両!! pic.twitter.com/4BoMKBoTwz

販売が終了しても、その流麗さはティアナに受け継がれ現在に至っている

日産独自の美しさを詰め込んだセダン車・セフィーロは3代目でローレルと共に2003年に終了してしまったが、高級な大型セダン車・ティアナがその美しさを継承するような感じとなった。この車は世界戦略を狙ってエンジン、安全性、セフィーロをさらに磨いたようなエクステリアやモダン性を取り入れて、日本国内だけではなく世界でも展開することができたとCOBBYにある。

1 2