1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

史上最強のスーパーコンピュータ「京」が遂に停止へ…技術の進歩に様々な声があがっている!!

「京」といえば、スーパーコンピュータの代名詞といっても過言ではありません。しかし、その「京」が今年8月に役目を終えることで話題になっています。今後さらにすごいスーパーコンピュータができるようで、実に様々な声があがっています。技術の進歩に期待ですよね。

更新日: 2019年02月08日

9 お気に入り 36722 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

スーパーコンピュータ「京」の活躍は目まぐるしい

スーパーコンピュータは、とてつもなく計算処理能力の高いコンピュータです。その時代の一般的なコンピュータでは解くことが困難な大規模で高度な計算を処理することができます。

「京」には、コンピュータの心臓部であるCPU(演算装置)が8万個以上も搭載されています。

高性能・高信頼・低消費電力のCPUを開発するだけではなく、これだけ多くのCPUを一斉に動かし、連動しながら超高速に計算をするためには、CPUの能力はもちろん、計算するデータをそれぞれのCPU間で共有するための仕組み、ネットワークがとても重要になってきます。

とにかく規模がすごいのです。

数値予報の精度が飛躍的に向上したのは80年代のこと。現在では向こう3日の天気予報であれば、そのまま使っても問題がない程度にはなった。

スパコンで天気予報はすごいです。

自動車を構成する大小様々な部品・装置の形状・性質をコンピュータに入力し、衝突の条件を与え、コンピュータシミュレーションを行います。

一瞬、一瞬ごとに自動車の各部分がどのように変形し壊れていくか、人間の目では捉えることができない現象を、様々な角度から観察することができます。さらに、その結果を解析することで、未知の現象を予測することができるのです。

そんな「京」が役目を終える

理化学研究所のスーパーコンピューター「京」(神戸市)が8月に運用を停止し、その後撤去されることが6日、理研への取材で分かった。

これは、後継となる次世代スパコンを整備し、同じ場所に設置するための措置で、「京」については移設も検討されましたが、コストが高くつくため撤去することになったということです。

スーパーコンピューター「京」は、国家プロジェクトとして理化学研究所と大手電機メーカーの富士通が共同で開発し、7年前の平成24年に神戸市で本格的な稼働が始まりました。

864台のコンピューターを連結して1秒間に1兆の1万倍にあたる1京回の計算を行うことができ、一時は、計算能力の世界ランキングでトップになりました。

文科省などによると、解体、撤去には数億円程度かかる見通しで、素材のリサイクルなどによって費用の圧縮を図るという。

その今後は?

理研などが後継となる次世代スパコンの開発を進めており、京と同じ場所に設置して21~22年ごろの運用開始を目指している。

文科省によると、国内では京の計算速度を上回るスパコンも開発されたが、依然として京の存在感は大きく、運用停止による研究や開発への影響が懸念されるという。

常識を覆すのが日本技術です。

担当者は「国内の主要なスパコンをつなぐネットワーク『HPCI』の連携を強化して影響を最低限にとどめ、ポスト京の早急な整備に努めたい」と話す。

理化学研究所は、「京」を共同開発した富士通とともに「京」の後継機として100倍の計算能力がある次世代のスパコンの開発を進めていて、2年後の稼働を目指すとしています。

京の最大100倍規模の性能を誇り、18年11月に政府の「総合科学技術・イノベーション会議」でシステムの製造開始が認められた。

後継機の稼働までの間、こうした研究開発への影響も予想されることから理化学研究所では「スパコンを運用しているほかの研究機関と連携するなどして影響を最小限に抑えたい」としています。

様々な声が…

スパコン京を代替機無しに止めるとか正気か!? 次世代機稼働は2022年らしいが、この激動の時代に3年間も代表的なスパコン無しとか、日本が諸外国からどれだけ遅れを取ると思っているのか。 なんで京跡地にポスト京を建設なんだよ。普通、別の土地に次世代機を作り停止と共に次世代移行だろうが。 twitter.com/kobeshinbun/st…

当然いずれこうなることはわかってたので当時のボスは別の名前を提案してた > 「京コンピュータ前駅」の名前が話題 スーパーコンピューター「京」の運用停止へ|ニフティニュース news.nifty.com/article/item/n…

1 2