1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

日頃疲れがたまっていてリフレッシュしたいというあなたに。日本庭園に行きませんか?緑に囲まれた、非日常は体、心共にリフレッシュ出来ます。日常の忙しさを忘れて、ゆったりとした時間の流れの中、癒されてみては。

① 六義園

回遊式築山泉水庭園で、1702年に完成しました。

五代将軍・徳川綱吉より与えられた場所を、大名自ら設計し7年の歳月をかけ作られました。

造園当時から江戸の2大庭園と呼ばれ、国の特別名勝にも選ばれています。

入って直ぐにある、しだれざくらは樹齢70年を超え、3月下旬にはライトアップもされ、幻想的な空間に浸れること間違いありません。

② 小石川後楽園

回遊式築山泉水庭園で、1629年に水戸徳川家の祖である頼房が、江戸の中屋敷の庭として造ったもので、二代藩主の光圀の代に 完成した庭園です。

江戸の2大庭園と呼ばれ、文化財保護法によって特別史跡及び特別名勝に指定されています。

どの時期に行っても顔を変え、ゆったりとした時間の流れを感じることが出来るでしょう。

③ 旧芝離宮恩賜庭園

回遊式泉水庭園で、江戸時代から残る大名庭園の1つです。

大小多くの石を組み上げた石組は壮観の一言です。

浜松町駅の横にあるので、仕事終わりに、昼休憩にリフレッシュできます。

④ 浜離宮恩賜庭園

江戸時代の代表的な大名庭園です。

関東大震災や戦災によって一部、消失してしまいましたが、庭園としての魅力は高いままです。

都内唯一の海水の池や、樹齢300年を超える松など、多数の見所があります。

また、園内から水上バスにも乗れるので、園内を見終わってからの移動に使用してみては。

⑤ 清澄庭園

泉水、築山、枯山水を主体にした「回遊式林泉庭園」です。

1880年に完成し、東京の名勝に指定されています。

ぐるっと1週するのに40分程かかり、歩くごとに表情を変えるような設計となっています。

他にも、庭園は沢山ある

他にも、殿ヶ谷戸庭園や旧古河庭園など様々な庭園があります。また、公園を含めると更に増えます。以外と近くにあって、忙しさの中で見逃してるだけなのかもしれません。緑溢れる公園も同じく癒しの場になるでしょう。

1