1. まとめトップ

涼宮ハルヒ・文庫版に驚きの声が…これまでとの表紙の違いに戸惑いと驚きの声が…

「涼宮ハルヒシリーズ」といえば、アニメも大ヒットした作品です。かわいらしいキャラクターと奇想天外のストーリーが魅力的な本作ですが、今回文庫版になるにあたって有名な作家の写真を活用して話題になっています。イメージの一審で新たなファンを取り込もうということでしょうね。

更新日: 2019年02月08日

1 お気に入り 8872 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

涼宮ハルヒの魅力とは?

と高校入学早々、クラスメートの前で1人風変わりな自己紹介をする少女がいた。彼女の名前は涼宮ハルヒ。

彼女の名前は涼宮ハルヒ。マンネリとした日常に苛立ちをつのらせている……ここからはじまるストーリーが 涼宮ハルヒの憂鬱 なのだ。

『 涼宮ハルヒの憂鬱 』が放映されてからだいぶ時が経つ。しかしこの作品の人気は衰えるばかりか、様々なアニメに影響を与え続けている。

いかに映像が綺麗で美しく、音楽が素晴らしいものであったとしてもアニメである以上、視聴者を惹きつける面白いストーリーは必要不可欠です。

よく記憶を消してもう一度見たいアニメ、という表現を使う人がいますが、私にとって涼宮ハルヒの憂鬱とはそういう作品です。

この度新刊出版へ、しかし表紙がこれまでと一線を画していた!!

同じ作品です。しかし見た目が全然違うのでイメージも変わってきますよね!?

2003年に角川スニーカー文庫から出版され、累計発行数2000万部を突破するなどラノベ界に金字塔を打ち立てた『涼宮ハルヒの憂鬱』。

ラノベ版とは打って変わった一般小説のような表紙が採用されており、「ハルヒの表紙が…ハルヒじゃない…!?」「表紙変えるだけで印象変わるなあ」などSNS上で話題となっています。

どんな意向があったのだろうか?

ラノベ版の表紙といえば、涼宮ハルヒをはじめとするキャラクターが前面に出たデザインですが、同日に角川文庫から出版された文庫版は、夕暮れの海辺に少女がたたずんだ一般文芸作品のような仕上がりとなっています。

また、同時に出版された『涼宮ハルヒの溜息』も、傘をさしながら海を見つめる女性をメインに置いた一般向けの表紙に。

しかし表紙作成はかなり本格的なのだ!!

光や温度、空気をすべて写真に写しこみたいという気持ちで撮っています。今自分が見ているものを余すことなく写真に残したいんです。撮り続けてる理由ってもしかしたらこれなのかな。とも思ってます。

各巻巻末には『時をかける少女』を手がけた筒井康隆さん、以前からシリーズが大好きという「乃木坂46」松村沙友理さんの解説&エッセイが収録されます。

有名な漫画家にイラストしてもらうことは結構あります。

集英社文庫は、毎年恒例となった夏の文庫本キャンペーン「ナツイチ」を2009年6月下旬からスタートさせる。

「地獄変」と「堕落論」の表紙を担当するのは「週刊少年ジャンプ」で連載中の「BLEACH―ブリーチ」作者・久保帯人さん。

昨年発表された『人間失格』×小畑健は、デスノートの盛り上がりもあって記録的な大ヒットを飛ばしたらしい。

ハルヒも新たな層を取り込もうということでしょうか?

様々な声が…

ハルヒの新しい表紙岩倉さんやったんか チョイスわかってるわ編集のひと

大好きな岩倉さんの写真がハルヒの表紙に…!?すごい

1 2