1. まとめトップ

家のWi-Fiが微妙・・快適にするための3つのステップ、回線速度を上げて快適にネットを楽しもう!

家のWi-Fiが微妙と悩んでいる方は多くいるかと思いますが、快適にするための方法や回線の速度を下げてしまっている原因も多数あるため、そのことについてまとめてみました。参考になれば幸いです。

更新日: 2019年02月08日

6 お気に入り 2287 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

alive1984さん

自宅のWi-Fiを快適にして満足のいくネットライフを楽しもう!

自宅でWi-Fiをする人は年々増えており、多くの家にWi-Fiが設置されています。

タブレットなどの普及により増加傾向にあるのでいまでは大半の家庭にWi-Fiが設置されていると考えられます。

LANケーブルや携帯電話の電波がなくても、インターネットを利用できます。

自宅にWi-Fi設備を導入する理由については以下の通り↓

・スマホでアプリやゲームを遊ぶ
・タブレットでYouTubeなどの動画を見る
・ノートパソコンでブログを書く
・PS4などのゲーム機でオンラインで楽しむ
・テレビでAmazonプライムビデオなどの動画配信サービスを見る

2.4GHz帯について

2.4GHz帯の周波数は、障害物を透過しやすく、電波干渉が起きやすい特徴があります。電子レンジやワイヤレスヘッドホンなどを、使用している機器が多いことも特徴です。

こちらは、13チャンネルを使用します。ただし、チャンネルの幅は5MHzと狭いので、一つのチャンネルを中心周波数にして、左右両側のチャンネルも使用します。

5GHz帯について

5GHz帯は対応機器が少ないので、通信は安定しています。また、通信速度も速いので、動画の再生や容量の大きなファイルの転送なども、ストレスがなく快適に利用が可能です。

ただし障害物に弱く、壁や家具などで電波が遮られると、つながりにくくなる場合もあります。19チャンネルを使用し、チャンネルの幅は20MHzと広いので、一つ一つが独立している、空きの多い帯域となっています。

家のWi-Fiが遅い、つながらない、何か見ようとすると必ず読み込み中のグルグルで止まってしまう…。そんなWi-Fiには呪いがかかっているわけじゃなく、たいていの場合何かしら物理的な問題があります。

使っている機器とか、家の作りとか、物の配置とかがWi-Fiのつながりやすさに影響しているんです。そういった条件は人それぞれ違いますが、Wi-Fi環境改善のための考え方は共通しています。

Wi-Fiが遅いとか、つながりにくいといったとき、どうすればいいんでしょうか?

Wi-Fiが遅くなる原因は多数ある

○ルーターの位置が悪い

ルーターとPCやスマホなどに距離があると、障害物のせいで、電波をスムーズに受信できない可能性があります。

○接続している端末が多い

ルーターへ同時に接続が可能な台数は、決められています。据え置きタイプは10台以上、モバイルタイプは5台~10台が一般的です。家族でパソコンやスマホ、ゲーム機器など多くの端末を同時に接続すると、回線が混雑して、ルーターの上限を超えてしまい、遅くなるのです。

○電波の干渉が原因

電子レンジやコードレス電話機等による、電波の干渉が考えられる場合もあります。とくに2.4GHz周波帯は、使用している機器が多いことから、電波の干渉が起こりやすくなっています。2.4GHz帯は、10mW以下であれば免許が不要なため、産業、医学、科学用途と広い範囲で利用されています。

○ファイアウォールの設定によるもの

1 2