1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

ニコニコ動画、実は若者は利用してなかった!?カドカワの誤算に様々な声が…

ニコニコ動画は一時若者の集いの場として、大人気の動画のコンテンツでした。しかし今は全盛期よりも数十万人もプレミアム会員を減らしており、カドカワの誤算を感じます。技術面もですが、この減少の一つに「若者のニコニコ離れ」とライバルの存在があって、今後の巻き返しに期待したいところです。

更新日: 2019年02月08日

7 お気に入り 37527 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

若者に人気と思われていたニコニコ動画

長らく1人で暇な時間を楽しくつぶすための動画サイトとして、高い人気と知名度を保ち続けているニコニコ動画には、やはりニコニコ動画ならではの魅力があるはずです。

ニコニコ動画の特長と言えば、やはり動画を流れていくコメントです。

ニコニコでつながっているユーザー同士、SNSで交流している遠方のネット友達、ゲームやコスプレなどの趣味仲間とイベント会場で会う約束をしたり、偶然会場で会えたりするのが魅力だという。

オフ会イベントは素敵です。

ニコニコ動画から広まったといっても過言ではない。

もちろんコメントのオン・オフは切り替えできるので、コメントなしで動画そのものを楽しんだ後で、コメント付きで他の視聴者の反応を見ながら楽しむのも一興です。

発売後は、初音ミクを使用したカバー曲がニコニコ動画に次々とアップされ、 しばらく後には投稿者自ら作曲したオリジナル曲が人気を得るようになっていく。

オリジナル曲は当初、歌詞が「初音ミク」そのものを題材にしたものが多かったが、 時間の経過と共に、ラブソング等、初音ミクの持つ独特のイメージに縛られない歌が脚光を浴びるようになっていった。

しかし実は若者のニコニコ動画離れが起きていた

ニコニコ動画プレミアムは当時最大で256万人もの会員数を誇っていましたが
現在は様々な理由で200万人まで会員数が減少しています。

有料会員は動画を優先的に視聴できる特典などがあり、会員費の収入(税込月額540円)は同社Webサービス事業を支える屋台骨。

年代別では30~50代会員の割合が増え、高齢化が進んでいる。

若者のパソコン離れがニコニコ動画を衰退させた

利用してみれば分かるのですが
ニコニコ動画は、スマホで見るよりもパソコンで見た方が
圧倒的に使いやすいです

そして後述のとおり、ニコニコはスマホに力を入れるのが遅かったのです。

ユーザーのニコ生離れは止まらず、今や一部のネット民からは、「まだニコ生なんかやってんの?」と嘲笑の対象にされてしまっている現実もあるようだ。

背景には、ライバルと技術的な問題があった!?

13年~14年ころ、スマホユーザーが大幅に増える中、ニコ生はずっとパソコンユーザー向けがメインで、スマホアプリは使い勝手がいいものではありませんでした。

などなど、これ以外にも沢山ありますが他の動画配信サイトで当たり前の事をニコニコ動画では当たり前に出来なかったのが会員数減少の大きな要因だと思います。

そもそも運営元は、ニコ動のサービスを開始した際、これほどメジャーな存在になることを、どこまで想定していたのかという問題があります。

今はYouTubeや海外の動画サイトがとても優秀になりました
AmazonプライムやアベマTVなどの動画配信サイトが増えました

今の動画サイトは画質、読み込み速度、どちらもすごく高くて驚きます。

実はここ最近ニコニコ動画プレミアムに人が戻ってきていると言われています。
その理由も簡単で、今までユーザーが不満だった点が凄い勢いで改善されているからなんです。

復活に期待したいものですよね。

様々な声が…

投稿もコメントも「笑い」「ウケ狙い」が多い。「笑顔になれるもの」なども。楽しい動画サイトなの。つまり機能的な動画サイトが増えて、危ぶまれているというだけ。 【悲報】ニコニコ動画「どうすればいいですか?」プレミア会員が256万人→194万人まで減少 yaraon-blog.com/archives/144218 #yaraon

ニコニコのプレミアム料金支払うくらいならアマゾンプライムの方が断然お得だからな。 会員増やしたいならプレミアム会員は2,30年前の古いアニメを見放題とかニコニコ初期に流行った原因を基にしたサービスを展開するしかないと思う。 yaraon-blog.com/archives/144218

1 2