1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

虐待の様子を動画で撮影‥小4女児死亡事件で明らかになったこと

千葉県野田市の小学4年生女児虐待事件で父親が虐待の様子を写した動画データを所持していたことがわかったと報じられました。

更新日: 2019年02月10日

11 お気に入り 57569 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●多くの悲しみが広がった千葉・小学4年生女児虐待事件

千葉県野田市で小学4年生の栗原心愛さん(10)が虐待を受けた後に死亡し、父親の栗原勇一郎容疑者(41)が逮捕された事件

会社員の栗原勇一郎容疑者(41)は先月24日、長女の心愛さんに冷水のシャワーを掛けるなどしてけがをさせた疑いが持たれています。

●教委は、女児の学校アンケートコピーを父親に渡していた

長女が「父からいじめを受けた」と答えた学校のアンケートのコピーを、市の教育委員会が逮捕された父親に渡していた

市教委は「しつけと体罰が違うということをわかってもらうために渡した」、「今となっては配慮に欠けていた。大変申し訳なく思っている」とコメントしている。

●一方、逮捕の父親が校長に「念書」を書かせていたことも判明

【女児死亡】逮捕の父親が校長に「念書」を書かせていた news.livedoor.com/article/detail… 今後、保護する際にはすぐに父親に情報を開示することなどを約束させる「念書」を書かせていたことも明らかにした。 pic.twitter.com/95xlXKAwso

・この事件では、女児の悲痛なアンケート記述内容が公開された

【父の暴力訴え】女児の直筆アンケート、野田市教育委員会が公開 news.livedoor.com/article/detail… 一時保護されるきっかけとなったもの。市の担当者は「父親が虐待を否定する中、女児の名誉のため」と公開の理由を説明した。 pic.twitter.com/zZDagT0ozd

心愛さんが2017年11月の学校アンケートに「お父さんにぼう力を受けています。先生、どうにかできませんか」

容疑者から「夜中に起こされたり、起きているときにけられたりたたかれたりされています」と書いていた。

●その後、容疑者と暴行を共謀した疑いが強まったとして、母親を逮捕

【千葉小4死亡】「娘が暴力受ければ自分は…」母親が供述 news.livedoor.com/article/detail… 「娘が夫から暴力を受けることで、自分が受けないで済むと思った」「後悔している」などと供述していることが分かった。 pic.twitter.com/99QBAQChs7

同容疑者と暴行を共謀した疑いが強まったとして、県警は4日、傷害容疑で心愛さんの母親なぎさ容疑者(31)を逮捕

千葉県野田市で小学4年生の女子児童が死亡した事件で、父親の共犯として4日に逮捕された母親が、娘に十分な食事を与えていなかった疑いがあることが分かりました。

捜査関係者によると、1月24日深夜に自宅の浴室で死亡しているのが見つかった心愛さんは極端にやせてはいなかったものの、

司法解剖したところ、胃の内容物はほとんど残っていなかったという。

夫の暴行を黙認したか同調した疑いがあるが、積極的な関与はないという。捜査関係者によると、なぎさ容疑者は「どうしようもなかった」という趣旨の供述をしているという。

・母親は「娘が夫から暴行を受ければ、自分は暴行されないですむと思った」などと供述していることが判明

4日逮捕された母親は「娘が夫から暴行を受ければ、自分は暴行されないですむと思った」などと供述していることが捜査関係者への取材でわかりました。

なぎさ容疑者をめぐっては、以前、沖縄県糸満市に住んでいた際、勇一郎容疑者からDV=ドメスティックバイオレンスを受けていると親族を通じて市に相談が寄せられていて、

捜査関係者によりますと、これまでの調べに対しても、なぎさ容疑者は「娘を守るべきだったが、娘が夫から暴行を受ければ、自分は暴行されないですむと思った」などと供述しているという

この事件で新たにわかってきたこと

●女児の遺体の肺に水がたまっていたことが判明

栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅で死亡し、両親が傷害容疑で逮捕された事件で、

1 2