Brownridge氏の実験では、摂氏約100度まで加熱した水道水と、摂氏25度以下まで冷却した蒸留水を使う。それぞれ小さじ2杯程度の水とお湯の標本を、銅製の装置に密封する。これは蒸発を防ぐとともに、水温をほぼ均等に保つためだ。氷の形成によって発生する電気信号が、複数あるセンサーに感知された時点で、水が凍ったとみなす。

出典お湯が水より速く凍る:「ムペンバ効果」の再現に成功|WIRED.jp

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

寒波で凍るシャボン玉や熱湯…みんなが試した「自然現象」報告

厳しい冷え込みのアメリカや北海道ですが「boiling water challenge(熱湯を空中で凍らせるチャレンジ)」やしゃぼん玉を凍らせるなど自然現象を利用した実験的光景がTwitterで報告されました。

このまとめを見る