1. まとめトップ

【2019年春アニメ】待ちに待った「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」がテレビ放送開始!

2019年4月から「機動戦士ガンダム THE ORIGIN(ジ・オリジン)」が地上波で放送されます!それにともなってガンダム好きの方はもちろん、ファーストガンダムを知らない人にも知ってもらいたい!

更新日: 2019年02月15日

1 お気に入り 9724 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

新機動戦記ガンダムWをリアルタイムで見てからガンダムにどっぷりハマり、昔のガンダム作品から今のガンダムまで見なきゃ気が済まないようになってしまいました。

桜なおとさん

ただのリメイクじゃない!「アムロ=レイ」はただの脇役!

ファーストガンダムを見た事ある人でも主人公サイドである「アムロ=レイ」側から見たガンダムを覚えているかも知れないが、今回地上波で放送される「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」は主に「シャア・セイラ編」「ルウム編」といったライバルのシャアにスポットを当てた物語なんです。

シャアって人が良くわからない

「ガンダム」「機動戦士Ζガンダム」「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」を通してアムロのライバルとして登場したシャア(右下の黄色い服着ている人)。彼の魅力に迫ります。

シャア・アズナブル
ジオン公国軍のエースパイロット。「赤い彗星」の勇名をはせたルウム会戦での戦勲により二階級特進して少佐となった。ドズル中将に命じられ、地球連邦軍が進める「V作戦」の阻止任務につく。その正体はザビ家への復讐を誓うダイクンの遺児キャスバルである。

宇宙に進出した人の革新を説き、地球連邦政府からの完全独立を宣言しようとしたジオン・ズム・ダイクンは、議会檀上で演説中に突如倒れ、帰らぬ人となった。
 ダイクンの死後、ザビ家陰謀説を唱えるダイクンの側近ジンバ・ラル。
 しかし、サイド3、ムンゾの実権を掌握せんとするデギン・ソド・ザビ率いるザビ家の暗躍は加速していく。
 これまで語られる事の無かった動乱の歴史が明らかになる中、ダイクンの遺児であるキャスバルとアルテイシアには、激動の時代を象徴した数奇な運命が待ち受けていた…。

シャアはジオン公国創始者の実子であり、暗殺された父ジオン亡き後ジオンを亡命し、シャア・アズナブルを名乗り再びジオンに潜入。ジオン内部から父を暗殺したザビ家に復讐をする。

いや、わかりずらい!でも大丈夫、4月から放送の「機動戦士ガンダム THE ORIGIN(ジ・オリジン)」を見ればその経緯や魅力がまるっとわかります!

途中まで書いたところで、このまま連載を続けることはできないなと思ったんです。シャアの生い立ちをしっかり描いておかないと、この先よく分からないキャラクターになってしまうだろうと。

脇道に逸れるというのは、長い長編だとよくあることで、最初は編集部に「すぐに戻ります」と言っていたんですが、これがなかなか戻れなかった(笑)。アニメではまとめて「シャア・セイラ編」として扱っていますが、第3話、第4話は漫画では「開戦編」として分けていて、「シャア・セイラ編」「開戦編」「ルウム編」の3部作という形になっています。

なぜ主人公であるアムロよりシャアが人気?

「機動戦士ガンダム」では、主人公アムロ・レイの人気も確かに高いが、それ以上に人気なのがライバルのシャア・アズナブルだ。ウルトラマンをよく知らない人でもバルタン星人は知っているように、ガンダムに詳しくなくても、シャアのことは知っているという人は多い。

アムロの人生も結構壮絶なんだけど、それ以上にシャアにはドラマがある

父はガンダムの開発者である「テム=レイ」で、シャアがアムロが住む住居「サイド7」を強襲する際に父が行方不明となる。再会時には酸素欠乏症を患い記憶喪失症も併発している。
母にはガンダムのパイロット(軍人)となったアムロに「昔の優しかった頃に戻って欲しい」と嘆かれた事で母との別れを決意。

1

関連まとめ