1. まとめトップ

北海道北見市絶対に行くべき観光5選

松浦武四郎が「この地を従来から北海岸と唱えてきたので北の文字を用い、カラフト島が快晴の日には見えるので、北見としてはどうか」と進言したことによる[4]。旧北見市市制施行前の名称「野付牛」(のっけうし)は、アイヌ語の「ヌプンケシ」(野の一方の端)に由来出典北見市 - Wikipedia

更新日: 2019年02月13日

1 お気に入り 2204 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

北見市

北海道オホーツク総合振興局にある市。オホーツク海沿岸から石北峠まで東西約110キロメートル (km) に広がっている。北海道(ただし、北方領土である択捉島などを除いた場合)で一番広い地方公共団体(日本国内では高山市、浜松市、日光市に続く4番目の広さ)である[3]
「北見」の名の由来は、明治政府から国名を諮問された松浦武四郎が「この地を従来から北海岸と唱えてきたので北の文字を用い、カラフト島が快晴の日には見えるので、北見としてはどうか」と進言したことによる[4]。旧北見市市制施行前の名称「野付牛」(のっけうし)は、アイヌ語の「ヌプンケシ」(野の一方の端)に由来している[5]。

北見神社

国道沿いにある オホーツクで最も大きな神社 初詣は人口密度の低い北見市でも 羽田空港の荷物受け付けカウンター並みに 混みます。 格式と雰囲気のある よい神社です。 何か困った時の神頼みに 行ってみては 如何でしょうか!

北見ハッカ記念館

明治35年頃から生産が始まった北見ハッカは昭和14年に全盛期を迎え、当時世界薄荷市場の約70%を占めるまでに成長し、現在の北見の礎(いしずえ)を形成する重要な産業となりました。このため平成19年11月30日、経済産業省より日本近代化産業遺産として認定されました。この薄荷産業の発展に大きく貢献したのが昭和9年に開業したホクレン北見薄荷工場でした。翌年同工場の研究所として建てられた施設が、昭和58年その役目を終えた工場が解体されると同時に、ホクレン農業協同組合から北見市に寄贈され、昭和61年北見ハッカ記念館として新たな役割を担うべく公開されています。

北きつね牧場

北海道では、野生のキタキツネが各地で生息している。キタキツネ牧場では、無邪気に毛づくろいをしたり、うたた寝をする姿の愛嬌たっぷりのキタキツネを見ることができる。約100匹の北きつねが放し飼いされている。

ワッカ原生花園

ワッカ原生花園とは、オホーツク海とサロマ湖を隔てる、幅200〜700m、長さ20km、約700haにも及ぶ長い砂州に広がる国内最大規模の海浜植物の一大群落地で、網走国定公園、北海道遺産に登録されています。ワッカとはアイヌ語で「真水」を意味し「水が湧くところ」に由来しています。このことから、多種多様な植物を育み、多くの野生動物の繁栄を支えた、悠久の歴史と自然によって培われた奇跡の生態系であるといえます。

北の大地の水族館 山の水族館

北の大地の水族館には、日本最大の淡水魚であるイトウの中でも最大級の大きさである1メートル級に育ったイトウが40匹も飼育されています。これは、日本で最多の飼育数です。
世界初:北の大地の水族館がある北見市留辺蘂町は日本有数の寒さが厳しい街でもあります。その寒さを利用して、誰も見たことのない凍った川の下を泳ぐ魚たちの様子を見ることができます。

おすすめ記事

1