出典 suiminkaigi.jp

睡眠不足だと ホルモンのバランスが乱れて 食べ過ぎちゃう?

食欲を抑えてくれるレプチン

ホルモンは、体内の特定の器官で分泌されて、人体に一定の作用をもたらします。人体ではさまざまな種類のホルモンが分泌されていますが、その中でも「レプチン」は広く知られているホルモンのひとつといえるでしょう。

脂肪細胞で分泌されるレプチンは、脳の視床下部にある食欲中枢に「おなかがいっぱい!」という満腹信号を送る役割を果たしています。レプチンの語源はギリシア語で「軽い」を意味する「レプトス」であるとされていて、まさにダイエット成功の鍵を握るホルモンといえるのです。

この情報が含まれているまとめはこちら

ダイエットと睡眠の「深い関係」とは?「きちんと寝ないと太りやすい」って、本当なの?

“寝苦しい季節”といえば夏をイメージしがちだが、実は冬も日照時間や気温、活動量の減少などの要因で、寝つけない、熟眠感がない、朝起きてもスッキリしない…と、睡眠の質が低下する季節。食事制限でダイエットに励む女性は多いが、肥満の原因は、意外にも睡眠不足かもしれない。

このまとめを見る