1. まとめトップ

世間を騒がせている「QURAS」…最新の情報まとめ

今、 世間を騒がせている「QURAS」。実際のところどうなの?最新の情報は?そんな質問が解消されるような最新の情報をまとめてみました!

更新日: 2019年02月09日

1 お気に入り 49754 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

そもそもQURASとは?

QURAS(キュラス)とは、匿名通貨としては世界で初めてのスマートコントラクトを実装したブロックチェーンプロジェクトになります。


「そもそも匿名通貨のプラットフォームって良くないのでは?」

そう思われる方もいるかと思います。

日本においては、マネーロンダリングへの懸念から、直近ではコインチェックが匿名通貨の上場廃止をアナウンスしました。そのため、社会的なイメージが決して良くないのが匿名通貨なのです。

しかし、匿名が悪なのかと言われるとそれは違います。

比較対象として、Ethereumのブロックチェーンを見てみましょう。

Ethereumは、非匿名なので取引内容がすべてブロックチェーン上で公開され、誰でも閲覧することができます。もし、ここにあなたの個人情報を扱うサービスが乗っかるとしたら、果たしてそのサービスを使っても良いと思うでしょうか?答えはNoだと思います。

QURASとは、そのような匿名性が必要なサービスに対しての解決策なのです。

例えば以下の分野は、QURASでなければ扱うことが難しいものになります。

金融:プライバシー保護の観点から、顧客資産の取引は匿名である必要があります。
個人情報保護:政府機関や個人データを大量に取り扱う機関や組織は、データをセキュアに扱えるようにする必要があります。
通信・インターネット:通信は秘密であることが望ましいです。特に、軍事情報をやり取りする際は、第三国に傍受されることが国の存亡にも関わってきます。
医療・健康データ:バイタル情報や電子カルテ、DNA情報や精子バンク等、そもそも匿名でなければ扱うのはNGです。
上記のように、QURASのような匿名チェーンは、ブロックチェーンを使った産業の発展に必ず必要なものなのです。

結局は、包丁を殺人に使うか料理に使うかなのと一緒です。

Qurasは、歩くことを資産に変えます。 Quras appを起動させて歩くことでコインが配布されます。 散歩するだけでコインGET!! ゲームしたら他の仮想通貨もGET!! #Quras #Qurascoin #QRS #キュラス #仮想通貨 #匿名通貨 https://t.co/fzz5zeM13s

医療やヘルスケアに関するトークン

QURASコインは海外で開発されたトークンです。
日本でこのコインをサポートしているsjシステムの公式サイトでトークンと表記されていたため、この記事でもトークンと記載しました。
しかしホワイトペーパーや開発チームのサイトを見てみるとQURASブロックチェーンを利用して〜などの記載があるため、トークンというよりはアルトコインをイメージした方が近そうです。
これまで2度の名称変更を行なっており2017年5月に Pocket Health PockehelからPUREコインへ、2018年1月25日には既に同名のコインがあることからQURASコインへ名称を新たにしています。

このキュラスコインはなんのために開発されたかと言うと、人々の健康への意識を高め、ヘルスケアをより身近な存在にするためなんだそう。
世界的に一人当たりの医療費・ヘルスケアにかける金額は増加傾向にあります。
国際平均と比較しても医療システムが整っている日本でも、ダイエットなどのマーケットと合わせると1人40万円近くもかけている計算になります。
先進国でも特に医療費の高いアメリカでは、9,146ドル=約99万円に上るというデータがあるようです。

そこでキュラスコイン開発チームでは、ヘルスケアを広く捉えブロックチェーンを利用してユニークなサービスを提供する予定です。

具体的には、実際の地図上に自分のアイコンを配置して万歩計のようにどれくらいの距離を歩いたかを測定するアプリの開発を進めているそうです。
利用者は実際に歩いた距離に応じてコインを得られる仕組みなんだとか。

その他にも、キュラスコインのシステムを使っている店舗に行けばポイントのようにキュラスコインかビットコインがもらえるシステムを将来的に予定しています。

2018年9月28-29日:TEAMZ BLOCKCHAIN SUMMIT@日本に出展

2018年9月28-29日に、東京でTEAMZ BLOCKCHAIN SUMMITが開催されました。

仮想通貨相場が冷え込み、多くの人の関心が薄れていく中、27プロジェクトが出展しました。

QURASもそのプロジェクトの1つとして出展し、日本やアメリカ政府が日本国内の通信を盗聴している現状を紹介、QURASがプライバシー保護に特化する重要性を説明しました。

当日の模様を収録していますので、是非ご覧ください。

QURASプロジェクト「Financial literacy meetup 2nd」レポート

2018年11月9日に、東京の八重洲でQURASプロジェクトの広報メンバーによるミートアップが開催されました。

今回のミートアップでは、他のプロジェクトと異なり、殆どが投資リテラシーに関する話になります。QURASの話はほとんどありませんでした。

講師はトレーダーの最首健嗣郎氏になります。

最首氏は、10年以上トレーダーとして活動しています。FXや先物、株や債券など、従来の投資商品から、最近は暗号通貨をメインに短期売買で利益をあげています。

投資商品を選ぶポイントとしては、資金が多く入ってきて値動きがあるものになります。

今は主にビットコインFX、あとは自らの参加プロジェクト(QURAS)に投資しています。

講師の最首健嗣郎

また、最首氏は暗号通貨に関する本を共著で出しています。この機会に是非お読みください

「Financial literacy meetup Final」レポート

2018年12月7日に、東京の八重洲でQURASプロジェクトの広報メンバーによるミートアップが開催されました。

今回のミートアップでは、他のプロジェクトと異なり、殆どが投資リテラシーに関する話になります。

前回と前々回の動画
今回の内容は、1stと2ndの動画を踏まえての内容になります。

まだの方はこの機会にご覧ください。また、2ndはイベントレポートを掲載しています。

Financial literacy meet up 1st:

前回と前々回の動画
今回の内容は、1stと2ndの動画を踏まえての内容になります。

まだの方はこの機会にご覧ください。また、2ndはイベントレポートを掲載しています。

Financial literacy meet up 1st:

JAPAN BLOCKCHAIN CONFERENCE にQURAS出展のお知らせ

この度、2019年1月30, 31日に開催される JAPAN BLOCKCHAIN CONFERENCE(JBC)にて、QURASプロジェクトの出展が決定致しました。

国際的にも注目が集まっているプロジェクトなので、当日は是非QURASのブースに足をお運びください。当日は私加藤もブースにおりますので、お声掛けいただけると嬉しく思います。

クローバーコインもキュラスコインも何も報酬無いのにオススメしちゃう ってくらいオススメかな。笑 #cvc #qrs #quras #qurascoin #キュラス #キュラスコイン #クローバーコイン #仮想通貨 #ico #プレセール

知人から勧められはじめて参加したICOだったが、徹底したオフライン販売でありながら既開発費到達につきプレ前倒しで終了。5月の上場を待つばかり!かなり信頼性高く楽しみ♪#QURAS #キュラスコイン

1 2