フィトケミカルは数千から数万あるといわれているわけですが、成分の特徴から大まかに分類すると以下のようになります。

◎ カロテノイド系(主に皮の色を決める天然色素成分)
・カロテン・βカロチン・リコピン・αカロチン・キサントフィル・ルテイン・アスタキサンチン・カプサイシン・ゼアキサンチン

◎ ポリフェノール・フラボノイド系(主に光合成のときにつくられる成分)
・アントシアニン・カテキン・イソフラボン・ショウガオール

◎ イオウ化合物(含硫化合物)(主に刺激臭の成分)
・アリイン・アホエン・アリシン(硫化アリル)・イソチオシアナート

出典フィトケミカルとは?|フィトケミカル大解剖SP

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

「帳消しダイエット」のカギ!第7の栄養素ファイトケミカルの驚きの効果とは?

ダイエット外来の医師が提案する「帳消しダイエット」。好きなものを食べながら健康的に痩せることができるというこのメソッドのカギは食べ物がもつ栄養素。

このまとめを見る