グルコースは体内のエネルギー製造に欠かせません。しかし、甘いスナックを貪って血糖値を急激に上昇させたり下降させたりするのではなく、つねに血糖値のバランスを保つことが大切。糖分を摂ると、膵臓がグルコースを細胞に送り込むのを助けるインスリンを放ちます。つまり、エネルギーが一気にみなぎると感じるのです。

それがいったん行われてしまうと、体はそのサイクルをまた繰り返そうともっと糖分が必要な状態になるため、エネルギーが低下したと感じます。

血糖値の頂点が高ければ高いほど、その後の血糖値低下がより極端になるわけです。

出典糖分の摂りすぎが原因かもしれない7つの兆候|ハーパーズ バザー(Harper's BAZAAR)

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

甘いものを食べ過ぎるには理由がある!糖分の摂りすぎが原因かもしれない7つの兆候を見逃していませんか?

今回は、甘いものをつい食べ過ぎてしまう事を防ぐ方法について紹介します。我慢といった気合論だけではなかなか止める事ができない人にも効果的な方法をまとめてみました。

このまとめを見る