夜、甘いものを食べると、スローダウンして体を休める準備をすべき時に、一気にエネルギーを高めてしまいます。

“幸せホルモン”と呼ばれるセロトニンの多くは腸内で製造され、良い睡眠を助けるために必要なリラクセーションのホルモンであるメラトニンの製造に不可欠です。

睡眠に問題を抱えている人は、食生活から糖分を減らし、もっと腸に優しくするといいかもしれません。

出典糖分の摂りすぎが原因かもしれない7つの兆候|ハーパーズ バザー(Harper's BAZAAR)

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

甘いものを食べ過ぎるには理由がある!ダイエットの大敵!糖分の摂りすぎが原因かもしれない7つの兆候

今回は、甘いものをつい食べ過ぎてしまう事を防ぐ方法について紹介します。我慢といった気合論だけではなかなか止める事ができない人にも効果的な方法をまとめてみました。

このまとめを見る