カップ麺はいつでもどこでもお湯を注ぐだけですぐに食べられる簡便性がある一方で、袋麺はどうしても麺を茹でたり鍋や器を用意したりと調理に時間と手間がかかります。

出典若者の「袋麺離れ」が顕著 メーカーは販売減食い止めに必死

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る