原因を調べる検査には、血液検査、皮膚検査、誘発検査、負荷検査、皮膚の一部を採取して検査する皮膚生検があります。これらの方法によって、悪化因子や誘発因子なども探っていきます。

出典蕁麻疹の検査方法・対策 | ロート製薬: 商品情報サイト

前へ 次へ