1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

『窮鼠はチーズの夢を見る』から『燃えよ剣』まで!「新作映画」情報まとめ

注目の「新作映画」情報6作品のまとめ。大倉忠義×成田凌×水城せとな『窮鼠はチーズの夢を見る』、岡田准一×鈴木亮平×柴咲コウ『燃えよ剣』、中井貴一×佐々木蔵之介×広末涼子『嘘八百』、山崎賢人×百瀬義行監督『二ノ国』、奥山大史監督『僕はイエス様が嫌い』、実写化『生理ちゃん』。

更新日: 2019年04月11日

3 お気に入り 6386 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『僕はイエス様が嫌い』(初夏公開)

新鋭・奥山大史監督が、スペインの第66回サンセバスチャン国際映画祭で最優秀新人監督賞に輝いた注目作。

奥山が監督だけでなく脚本、撮影、編集も担当した本作は、東京から雪深い地方にあるミッション系の小学校へと転校することになった少年ユラが、ある日現れた小さな“イエス様”の力を信じるようになっていくさまを描いた。

是枝は「新しいけど、懐かしい。重いけど、軽やか。切なくて、面白くて……そして、やっぱり面白い」、斎藤は「惚れ惚れする程チャーミングな作品。奥山監督がユーモラスかつ実直に織りなす本作の世界観に邦画の新時代の幕開けを感じました」と絶賛。

是枝裕和と斎藤工

東京フィルメックスで、奥山大史監督の「僕はイエス様が嫌い」を観れました。奥山さんの作り出す世界はどうしてこうも上質なんだろう。。2人の少年の世界がちゃんと本物で、そこにそっと置かれたカメラの眼差しのやさしさ。祈りのこもった映画でした。 pic.twitter.com/9Z5t3hVxrr

今年の#FILMeX 最初の上映作「僕はイエス様が嫌い」がストックホルム映画祭で最優秀撮影賞を受賞。サンセバスチャン新人監督賞に続く快挙。 撮影・脚本・編集も奥山大史監督が兼務。周到な画面設計、深い人間洞察、観客を引き込む語り口…これが大学の卒業制作ってまじですかnikkansports.com/entertainment/…

◆『二ノ国』(夏公開)

山崎賢人が主人公を演じ、製作総指揮と原案・脚本をレベルファイブの日野晃博が担当する劇場アニメ。

レベルファイブ原作となる「二ノ国」は、山崎が声を当てる高校生のユウと親友のハルが、幼馴染のコトナを巡る事件をきっかけに、現実と隣り合わせでありながらまったく違うもう1つの世界・二ノ国と行き来することになる物語だ。

監督はゲーム「二ノ国」シリーズでアニメーションパートの演出や監督を務めた百瀬義行が担当。音楽は久石譲、アニメーション制作はオー・エル・エムが手がける。

ジブリと共に育ちましたよ、わたし。 いつか…と密かに夢見てましたよ。 (ジブリではないけど) あの世界観の中で、賢人くんの声が… 山﨑賢人×久石譲の作品がまた観れるなんて… 夢なのかな? どんな声で、どんな表現で、二ノ国の世界に命を吹きこむのか、心からたのしみにしています! pic.twitter.com/FwBghz8d7D

#二ノ国 長編アニメ化! 主演は実写化の申し子こと #山﨑賢人 で、声優に初挑戦です。 監督は「もののけ姫」などにも参加した百瀬監督で、化学反応に期待です。 twitter.com/eigacom/status…

◆『嘘八百』(2020年新春公開)

中井貴一×佐々木蔵之介「嘘八百」第2弾が製作、広末涼子が2人を惑わすマドンナに(コメントあり) natalie.mu/eiga/news/3193… #中井貴一 #佐々木蔵之介 #広末涼子 #嘘八百 pic.twitter.com/NfT5Lse7fk

2018年1月に公開された、中井貴一と佐々木蔵之介のダブル主演映画「嘘八百」の続編制作が発表され、マドンナ役で広末涼子が出演する。

中井演じる空振りばかりの古物商・則夫と佐々木演じる落ちぶれた陶芸家・佐輔が、千利休の遺した“幻の茶器”で一攫千金を狙うさまが描かれた「嘘八百」。続編となる本作では、再会した彼らが古田織部の幻の茶器を巡って再びタッグを組む。

キターーーー!!!!! 好きな映画だったので凄い嬉しいです\(*ˊᗜˋ*)/ 舞台挨拶行きたいなあ。。。 中井貴一&佐々木蔵之介主演『嘘八百』続編公開 広末涼子がヒロインに(シネマトゥデイ) headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190211-…

映画『嘘八百』涙あり笑あり感動ありの楽しい映画だったので第2弾、嬉しいです。2020年1月公開ってことはその前に第1弾のテレビ放送ある!?どうか、エンドロール最後の最後まで放送ありますように… #嘘八百 #主題歌 #佐藤広大 #イチゴイチエ @satokodai601113 twitter.com/uso800movie/st…

◆『燃えよ剣』(2020年公開)

司馬遼太郎による、累計発行部数500万部を超えるベストセラー小説『燃えよ剣』がV6の岡田准一の主演で映画化されることが決定。

原田眞人監督

新選組副長・土方歳三を主人公に、近藤勇、沖田総司といった新選組の志士たちの人生と、彼らが生きた激動の時代“幕末”を描いた「燃えよ剣」。

同作は1962年から64年にかけて『週刊文春』にて連載され、66年には映画化とテレビドラマ化された。その後も計3度のドラマ化、舞台化なども実現し、新選組ファンの心をつかんできた。

岡田が新選組副長・土方歳三、新選組局長・近藤勇を鈴木亮平、若き剣士・沖田総司をHey! Say! JUMPの山田涼介が演じるほか、柴咲コウ、伊藤英明が出演する。

1 2