1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

エイベックスが2019年夏より開始する「エンタメコイン/エンタメウォレット」についてまとめました。

tktkhrmsさん

あのエイベックスがなんと、電子マネー市場に参入だそうです。PayPay、LinePay、OrigamiPayなど盛り上がっていますが、一体、どのような戦略を持っているのでしょうか?

スマホ決済用アプリ「エンタメウォレット」

エンタメウォレットは店舗やオンラインで使用可能なエンタメコインを使用するためのアプリ。PayPayやLinePayに近いものと思われます。

最新のブロックチェーン技術を応用

エールポケットは、ブロックチェーンを活用してエンタメファンの行動を見える化するサービス。「アーティストのミュージックビデオを視聴する」、「イベント情報をSNSでシェアする」といった応援行動を「熱量レベル」として数値化し、ユーザーのファンとしての価値を誰からも見える状態にするという。

かなりエイベックスらしい取り組みですね。他の支払い手段や仮想通貨と比較しても、特徴が際立っています。人気ランキングとの連動なども計画されているのでしょうか。楽しみです。

昨年、商標登録をしていて話題に。。。

エイベックスは昨年、複数の商標を出願。個人的にはエンタメペイの方が○○ペイで揃うので、わかりやすい気がするのですが。。。

2022年に決済高4500億円規模を目指す

PayPayは2023年に売上で5000億円を目指しています。競争激化はユーザーに還元される業界なので、今後が楽しみですね。

ヤフーは、2月4日に発表した2019年3月期第3四半期決算説明会の中で、モバイル決済サービス「PayPay」に注力しながら、そこで得たデータを活用して「販促市場」を取り込んで新たなビジネスを展開する方針を明らかにした。広告市場と販促市場で23年に5000億円の売上を作り出す目標を掲げている。

1