1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

グラミー賞2019 が、レッドカーペット、授賞式、以外でも盛り上がった

グラミー賞2019 が華やかに開催されました。レッドカーペットで目立ちまくりなあの人、授賞式をひとりで乗っ取ったと言われるあの人、出席できなかったり、受賞を逃したけれども話題になったあの人達もいて、かなり話題になったみたい。

更新日: 2019年02月13日

15 お気に入り 45297 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nonoichigoさん

▼アリアナ 『着れなかったドレス姿」が、まるでシンデレラとの声

can yall help me, would yall consider miss Ariana Grande the princess OR the Queen of Pop music TODAY?? pic.twitter.com/7vzmy4TARz

シンガーのアリアナ・グランデが、グラミー賞授賞式への出席&
パフォーマンスを辞退したことによって着る機会を失ってしまった
ドレスが、まるでシンデレラのようだと話題に。

▼歌う楽曲をめぐって、授賞式を仕切るプロデューサーと行き違いが

「私なら一晩でパフォーマンスをまとめ上げることができる。
あなたには分かってるでしょ、ケン(授賞式のプロデューサーである
ケン・アーリック)。私が出席を取りやめる決心をしたのは、
あなたに創造性や自己表現を抑えられたから」

さらに「あなたたちにとっては単なるゲームにすぎないのでしょう
…悪いけど、私にとって音楽はそういうものじゃない」と続けている

▼しかし、無事『最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム賞』受賞

アリアナ・グランデ、グラミー批判も最優秀ポップ・ヴォーカル・
アルバム受賞。

グラミー賞でのパフォーマンスを辞退し、プロデューサーを批判したアリアナだが、このたびの第61回グラミー賞で最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバムを受賞。彼女にとって初のグラミーとなる。

witterを通じコメントを発表した。「今夜あの場にいないし
(信じて、努力したし本当に解決できたらよかったのにって思ってた
)、これらのことに関して深く考え過ぎないようにしてるって言った
のはわかってるけど…ファック…これはワイルドでビューティフル
だわ。すごくありがとう」

▼『レッド・カーペット』で、『トランプ支持』を訴える無名歌手

ジョイ・ヴィラ(Joy Villa)はアメリカ・カリフォルニア州出身、
現在27歳のシンガーソングライター、女優、モデル

トランプ支持ドレスをグラミー賞で披露したジョイは、メディア
から酷いドレスだと叩かれ、トランプ大統領を良く思っていない
人たちからは批判を浴びましたが、トランプ支持者のおかげで
売上はアップ。

(2017年には、)トランプのドレスをまとったヴィラの写真は
ソーシャルメディアを駆け巡り、日曜の夜には2,000名以上のトランプ
支持者らがアルバムをダウンロードし、スポティファイでの再生回数
も数万回に及んだ。

ヴィラのアルバムはアマゾンの有料アルバムチャートの1位に浮上。上昇率ではビヨンセやブルーノ・マーズ、レディー・ガガを上回ったという。しかし、レッド・カーペットでトランプ支持を訴えるまでは、無名の歌手。レッド・カーペットって、誰でも立てるの?との疑問も。

▼2017年は、トランプのスローガン ”Make America Great Again”

ドレスには、
『Make America Great Again』の文字が。

彼女はドナルド・トランプ米大統領を支持していることを表明して
おり、2017年のグラミー賞には「アメリカを再び偉大に(Make
America GreatAgain)」や、「トランプ(Trump)」と描かれた
ドレスを着用して登場。

ちなみに2018年は、反中絶を訴えるドレスで、レッドカーペットに登場。

▼今年は、”メキシコとアメリカの国境に壁を作ろう”ドレス

今年はバッグに、
『Make America Great Again』。

ドレスには、
『Build the Wall』のメッセージ。

今回ジョイが着用したドレスは、トランプ大統領が以前から必要性
を訴えているメキシコとアメリカの国境に壁を作るという政策に
賛成するデザイン。

▼寄せられる批判にも、強気 "トランプを100%サポートするわ"

ジョイはグラミー賞受賞式のレッドカーペットが終了した後に
自身のツイッターで「どう思われようと気にしないわ。私は壁を作る
ことや、私たちの大統領ドナルド・トランプを100%サポートする」と
強気のコメント。

1 2