1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

canty0628さん

▼世界中で大人気のシンガー

アルバム『Yours Truly』『My Everything』および『Dangerous Woman』シングル「The Way」「Problem」などの大ヒットにより、国際的な人気を博している。

身長153cmと小柄ながら、パワフルな歌唱力を武器とし、マライア・キャリーを彷彿とさせる伸びやかな歌声と豊かな表現力は、「ネクスト・マライア」との呼び声も高い。

ニューアルバムをリリース

昨年8月にアルバム『スウィートナー』を発表したばかりのアリアナ・グランデが、ニュー・アルバム『thank u, next』を2月8日(金)にリリース。

アリアナ史上最大のヒット・シングルとなった“thank u, next”と同タイトルを掲げた今作には、“thank u, next”のほか、『スウィートナー』以降に発表してきた“imagine”や“7 rings”など、全12曲が収録。

▼そんなアリアナは大の親日家としても知られており

2015年2月15日、自身のツイッターに「わたしはべんきょします! 」と日本語で投稿をし、自筆の勉強ノートを公開。

アリアナは親日家としても知られる。2016年の熊本地震の被災者に向け、メッセージを日本語で発信。

▼そして最近話題となったタトゥー

【Instagramより】 アリアナがまた日本語のタトゥーを追加!今度はなんと漢字で「七輪」 「みんなこれは私の手じゃないって思っているみたいだけど、本当に私の手よ」とコメントしています。 「七つの指輪」を略して「七輪」かなとても気に入っているよう #アリアナ pic.twitter.com/wR55jgu7FU

1月下旬、手のひらに「七輪」とタトゥーを入れた写真をインスタグラムにアップ。新曲“7 rings”の発売を記念して入れたもので、「7つの指輪」を縮めて「七輪」と彫った。

修正後のタトゥーは、「七」の下に「指」が追加され、上から下に「七」「指」「輪」と読むようになっている。

▼しかし一方で一部ユーザーからこんな声も・・・

「7 rings」のミュージックビデオには日本語も大々的に使用されており、また彼女は日本語をプリントしたグッズも販売している。だが、その一連の行いが文化の盗用であると非難する人たちが出てきた。

▼「文化の盗用」とは一体・・・

cultural appropriationは「文化の盗用」と訳されることが多いですが、意味としては「文化の私物化」ぐらいが近く、

権力があり、人口的にも多数を占める人種的文化的マジョリティー(多数派)が、立場の弱いマイノリティー(少数派)の文化を無理解に使うこと。

批判されるのは特に自分にまったく縁もゆかりもない文化を、ただエンターテイメントや目立ちたいため、商売の道具として私物化するケースです。

アメリカ人が着物やチャイナドレスを着た写真をSNSに投稿したり、ファッションやエンターテインメントでアジア文化を使うことも「文化の盗用」と批判されることがあり、近年その傾向が強まっている。

1 2