1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

【狂気の沙汰】完成度高すぎ、凄まじい”大人のレゴの世界”

皆さんにも身近であろうレゴで作られたF1カーがなんと1200万円で落札されたようです。自由度の高さに、教育にもなり、長年愛されている「LEGO」それらを遊ぶのは子供にとどまらず、大人たちが手を出すと、それはそれは大層な作品が出されています・・。

更新日: 2019年04月17日

1 お気に入り 5068 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

レゴ制作のF1カーに1200万の値がついたとのニュースを見かけ凄まじかったので、レゴの世界についてまとめてみました。

buru-sanさん

レゴ制作のF1カーが1200万円で購入される

四角いブロックから作られたとは思えない精巧さです。

黄色が特徴的なルノーチームのF1マシンの滑らかなボディーラインを再現しているのは、31万3000個の角ばったレゴブロックです。車両は実物大で、ハンドルはレプリカですが、タイヤはイタリア・ピレリ製の本物を使うこだわりようです。

これはルノーのF1チームがレゴ社と共同で数カ月かけて制作したもので、フランスでオークションに出品されました。

落札額の予想は数百万円でしたが、大きく上回る約1200万円の値が付きました。

落札による収益はすべてUNICEF(国連児童基金)に寄付されたそうです(なに、それもすごい・・)

これ、誰が1200万で落札したんだろう(((゜Д゜;))) レゴで作ったF1 実物と見紛う精巧さに破格のお値段(テレビ朝日系(ANN)) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?…

レゴで作ったF1 実物と見紛う精巧さに破格のお値段(テレビ朝日系(ANN)) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?… お、本物に比べたらくっっっっっっっそ安いな?

LEGOは子供の頃に良く遊んだけど、大人になっても遊べるのが凄い。 遊びが大金も動かすんだ。 レゴ制作のF1 破格の1200万円 | 2019/2/11(月) 16:25 - Yahoo!ニュース news.yahoo.co.jp/pickup/6313480

もはや執念、大人のレゴの世界

1,迫力の巨大作品、航空母艦(約20万ピース)

実に20万個のレゴブロックを駆使して作られた空母「ハリー・S・トルーマン」(USS Harry S. Truman, CVN-75)が完成したそうです。

実に全長5m、全高1.2m、重量160kgと巨大な物となり、船体に20万個、船上機等に10万個を使用するレゴで出来た世界最大級の船となっています。船載機であるF-14の可変翼はもちろんのことF/A-18、E-2の折りたたみ機構まで再現。他にもエレベーターやレーダーが可動でき、フライトデッキの誘導灯も点灯可能な大作です。

なんだか聞いてるだけでワクワクします。

別の角度、まるで本物ですね・・

2.映画「ロード・オブ・ザ・リング」に登場する舞台「リベンデル」(20万ピース)

これ20万ピースで足りてるのか・・?

『ロード・オブ・ザ・リング』に登場する、リベンデルという場所を20万ピースのレゴでジオラマを造り、完全再現

滝が光っていて幻想的です・・

3.映画「ハリーポッター」に出てくるホグワーツ城(40万ピース)

これはレゴビルダーのAlice Finchさんが12か月かけて制作した超大作。L型に配置され、それぞれの枝の長さはそれぞれ4m。実に40万個のブロックが使われており、2012年には、愛好家の集まり「BrickCon」で「大賞」「観客賞」を受賞した大作。

レゴとはわからない程の出来栄えです・・

内装もしっかりと

ライトアップまで!!

4.大阪の街を再現、日本で作られた公式作品(100万ピース)

あべのハルカスは小学生と同じぐらいの高さでしょうか・・

約150平方メートルに広がる大阪のミニタウンは、大阪城、通天閣、あべのハルカスといった巨大な建物が、道頓堀やでんでんタウン、梅田界隈などを再現した町並みにどーんとそびえ立ち、迫力満点。約100万個のブロックだけを使って作られたとはにわかに信じがたい巧妙な仕上がりです。

1 2