1. まとめトップ

テレワークでもダイエット!ダイエット中の食欲を和らげる方法!食欲が止まらない原因とその対策!

いつでもどこでも頭の中は食べ物でいっぱい。食べても食べてもお腹が空いてしまう。ダイエットでせっかく少し痩せたのに、このままじゃまた太ってしまう、どうしよう。このような時は「痩せたい気持ち」を一度抑えて、違う方法を一緒に探していきましょう。

更新日: 2020年03月06日

2 お気に入り 5384 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hayate15さん

いつでもどこでも頭の中は食べ物でいっぱい。食べても食べてもお腹が空いてしまう。ダイエットでせっかく少し痩せたのに、このままじゃまた太ってしまう、どうしよう。

頑張り屋さんのあなたは、自分に厳しくしすぎてその反動が食欲という形で出てしまっているんです。

このような時は「痩せたい気持ち」を一度抑えて、違う方法を一緒に探していきましょう。

怖いと思うほど食欲が止まらない原因

太るといけないから

「揚げ物はダメ」

「これ以上食べちゃダメ」

「甘いものはダメ」

と自分に制限しすぎていませんか?

「食べてはいけない」と思えば思うほど、余計に食欲を感じてしまいます。

なんでもそうですよね。「この箱の中身は見ちゃダメ!」と言われると見たくなるものです。

あなたは食べていけないなんてことはないんです。今のあなたの体は、食べたいと思うから食べているんです。それは意志の力ではどうしようもできないこと。

食べてはいけないと思いすぎずに、もう少し楽な気持ちでダイエットに取り組みましょう。

栄養が足りない

無理な糖質制限などしていませんか?

早く痩せたいから「炭水化物は食べない 」、「脂質は摂らない」という気持ちも分かります。

しかし、痩せたい思いだけで栄養が足りない食事をしているのは、ダイエットにとっていいことではありません。なぜなら、栄養が足りない食事をずっとしていると過食や暴食をしてしまうから。

一次的に食べないダイエットで痩せたとしても、あとで過食や暴飲暴食をしてしまっては意味がありませんよね。今の状況でとどめるためにも、栄養のある食事をとりましょう。

ストレスが溜まっている

脳はストレスを感じると、コルチゾールと呼ばれるストレスホルモンを出します。

コルチゾールが分泌されると、体はストレスで受けたダメージを回復しようとして栄養を欲します。

また、コルチゾールが多くなると食欲を抑えるレプチンというホルモンが減少します。

その結果、あなたは食欲を抑えられなくなるんです。

異常な食欲が止まらないときの対策

食材は、なるべく血糖を上げにくいものを選び、血糖値の上昇をコントロールすることがポイントです。そうすることで、体脂肪の合成や空腹感にもつながりにくいと考えられています。

血糖には、食材の「GI値」というものが関わってきます。

GI値とは、食後血糖値の上昇度を表す数値です。 この値が大きければ大きいほど、食後の血糖値が上がりやすくなります。GI値が高い食品の代表例でいうと、普段みなさんが食べている白米やジャガイモ等が中でも高いと言われています。

一方で、野菜やナッツ、全粒穀物は、比較的にGI値が低いと言われています。

ゆっくりよく噛んで食べると、満腹中枢が刺激され、満腹を感じやすくなります。

食事の際に噛むこと意識することはもちろん、お腹が空いたなと思ったら、ガムを噛んで満腹中枢を刺激するのもいいかもしれませんね。

食欲が止まらない→バクバク食べる→私ダイエット中なのに、こんなに食べるなんて、太ってしまったらどうしよう

と自己嫌悪してしまいますよね?まずは自分を否定しないようにしましょう。

自分を否定すると、また食べ過ぎてしまったときに自分を責めてしんどい思いをします。そして、自分を責めるストレスが、さらに食欲を増やしてしまいます。

食べ過ぎても、自分を否定せず、「そういうときもある」くらいに思って自分を受け入れましょう。

食欲と戦わない

「お腹は空いているけど、○○kcalに抑えるんだ!」

このように、食べすぎないように食べすぎないようにと、食欲を意志でなんとかしようしていませんか?

食欲と戦っていても、体の「食べたい」というサインをあなたの意志で止めることはできません。また、食べないでいようと思うと、その意思を保つのにとても疲れてしまいます。

私も食欲を意志で止めようと戦っていたことがありますが、結局疲れて過食がひどくなりました。食欲と戦おうと思っても無駄だったんですね。

疲れてしまうくらいなら、初めから食欲と戦うのはやめましょう。

食事以外でストレス発散をする

食欲が止まらないときは、食事以外でストレス発散をしましょう。

まずは今のストレスを解消することが必要です。

食事でストレスを発散してしまうと、食べ過ぎで悩んでいるあなたには逆効果です。なるべく食事から離れられるストレス発散をしましょう。

タンパク質を摂る

タンパク質をしっかりと摂りましょう。タンパク質は、筋肉のもととなる必須栄養素です。

高タンパク質食の方が、高炭水化物食より、満腹感が得られ摂取カロリーが少なくなるという報告もあります。

タンパク質は精神を安定させてくれるセロトニンの原料でもあり、タンパク質をしっかり摂ることで、脳と体が満足してくれるようになります。

ビタミンミネラルを摂る

ビタミンやミネラルは脂肪を効率よく燃焼するのに必要な栄養素です。ビタミンやミネラルが足りないと、脳は「食べなさい」と命令を出します。

いくらカロリーが低いからと、こんにゃく麺やサラダばかり食べていると、必要な栄養素がとれておらず食欲が増える結果になります。

ダイエット中はただでさえ、ビタミンやミネラルが減ってしまいます。ビタミンミネラルはできるだけ食事から摂った方がいいのですが、なかなかバランスよくとれないのが現実。そもそも、何を食べたらいいのか分からないですしね…。

病院に行く

食事のことばかり考えて他のことがままならない、過食が何日も続いている場合は病院に行きましょう。

すぐに心療内科を受診することをおすすめします。病院に行くことは恥ずかしいことでもなんでもありません。

あなたの今の現状を変えるために必要なことです。自分のためだと思って行ってみてください。

ダイエットのプロに相談する

食欲が抑えられなくて辛い、誰かに助けて欲しいなら、ダイエットのプロに相談してみませんか?

辛い時に1人で考えていると、解決方法が見つからず余計に苦しむことになります。私も経験がありますが、1人で悶々としていてもいいことはありません。

それに1人で頑張っていると、何が正しいか分からなくなります。そして、過度なダイエットをしてしまいます。これ以上辛くなる前に、ダイエットのプロに相談しましょう。

食欲を抑えながら痩せたいなら「食事改善」が最優先!

食欲を抑えながら痩せたいなら「食事改善」が最優先です。

ダイエット中に食欲が止まらなくなる原因は「栄養不足」が関係していると言いましたよね。今のダイエット法や食生活を見直し、食事を改善しましょう。体が栄養で満たされれば、食欲も収まってきます。

ビタミン、ミネラルはもちろん、タンパク質を積極的にとることが大切です。

基本的には正しい食事ができていれば体は勝手に痩せます。そして正しい食事が分かっていれば、少し体重が増えてもまたいつでも戻せます。

食欲をコントロールして長続きするダイエットを

誰でも手軽に始められるような内容もあるので、ぜひ皆さんも試してみてください。無限に襲ってくる食欲を少しでも抑えて、目標体重に一歩でも近づくように頑張りましょう。

1