1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ
4 お気に入り 8648 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■先日、多くの注目を集めたこのニュース

先日、弊社とパートナー契約を発表しました、井手航輔選手@kide_football がスペイン1部リーグ、リーガ・エスパニョーラのCDレガネス@CDLeganes と契約しました!! #井手航輔 #レガネス #スペイン1部 #Leganés #LaLiga pic.twitter.com/Ga5a68Hs4h

9日、ドイツのアレマニア・アーヘンU-23に所属していたDF井手ウィリアム航輔(20)の、スペイン1部レガネスへの加入が決定した。

■井手ウィリアム航輔選手とは?

アメリカで生まれ育つ

現在は日本とアメリカの二重国籍で、日本語と英語だけでなく、スペイン語とドイツ語も話すことができる。

名門LAギャラクシーの下部組織出身

その後、2017年からドイツに渡り、アーヘンU-23ではチームの中心メンバーとして活躍し、高い評価を受けていた。

積極的な攻撃参加が持ち味のサイドバック

【パートナー契約締結】 Ascendersでは、井手航輔選手とパートナー契約を締結しました。弊社としては2人目の契約選手となります。井手選手を全面的にサポートし、共に上を目指します! 所属先の発表はこの後、行われます。 彼はいったい何者なのか… pic.twitter.com/UL4jXXTIXB

左右両方でプレー可能なサイドバックで、豊富な運動量とスピードを活かした攻撃参加からの正確なクロスが特徴。

LAギャラクシーU-18時代には、アメリカの大学15校以上からの奨学金オファーも受けていたという。

■今後はレガネスのリザーブチームでプレー

フリーとなっていた昨年冬から練習生として参加し、そこでのプレーが評価され、契約することになったとのこと。

レガネスとの契約は2020年夏までの1年半で、当面はレガネスB(4部相当)でプレーし、トップ昇格を目指す。

井手航輔!?初めて聞く!20歳のサイドバックかー!冨安といい。期待しちゃいたいねー!

なぜ、井手航輔選手のような逸材を今まで放置していたのか? 移籍金0なのだから、Jリーグのチームはもっと積極的に獲得に乗り出せばよかったのに。

Jリーグからじゃなくても欧州一部の門は開かれている。Jリーグもウカウカしてられない。知らなかったけど頑張ってほしいね。headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190210-…

実情としてはドイツ4部からレガネスB(スペイン4部)へ移籍と言ったところなのでは・・・。

東京五輪世代の井手航輔がレガネス移籍ということで地味に盛り上がっているが ・移籍したのはレガネスではなくレガネスB ・レガネスBはテルセーラ(4部相当) ・英語を話せるから言語面の問題はない→スペインは英語喋れる人少ないのでスペイン語習得が必要 ということを抑えておいてほしい

■東京五輪世代の活躍に注目が集まる

アメリカユース代表候補のトレーニングに参加した経験もあるが、日本代表としての出場資格も失ってはいない。

1 2