1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

読書はした方がいい。と分かっているけど、時間がない、続かないという人は多いのではないでしょうか。私も、もともと、活字は全然読まないタイプでしたが、今では月に数冊は読むようになりました。そこで、本を読む時のポイントとメリットなどを見ていきましょう。

人は必要性、メリットを感じないと動かない生き物!!

「読書はした方がいい」頭では理解しています。

しかし、必要、メリットがないとに読まないものです。

例えば、いくら活字が嫌いでも、「1日で読めたら100万円上げるよ」と言われるとどうでしょう。
会社を休んでも読むでしょう。

この本を読むと、モテる様になると言われると読む人もいるでしょう。

世界の著名人の多くは読書をしています。有名何処とで言えば、ビル・ゲイツは年間50冊の本を読み、マーク・ザッカーバーグは2週間に1冊本を読むそうです。
「成功者の多くが読書家」という言葉の通り、本にはパワーがあります。

本を読むメリットとは!!

①アイデアが生まれる

③偉人の考えに近づく

③悩みが解決する

④お金が集まる


他にも様々なパワーがありますが、今回は代表的なものを

① アイデアが生まれる!!

読書は、インプットするものです。

その後に、アウトプットすることで、自分のものとして蓄積されます。

インプットとアウトプットを繰り返すと、自然と、あれ?これもっとこうしたらいいのでは?と感じることが多くなります。

それが閃きやアイデアに繋がります。

日本人は、特にこれが強く、今あるものを+α付け加えたりし、より良い物を創造する力が備わっています。

なので、読書をし、自分の知識を深めましょう。

② 偉人の考え方に近づく!!

ビジネス書、伝記がこれに当たります。

読書することで、その人に人生を体験談を疑似体験することが出来ます。

疑似体験することで、その人の生き方、人となりを理解できるので、偉人の本を読むことで、考え方が近づきます。

更に、失敗談など書かれていると、同じ失敗しないようにしようと感じたり、成功体験があると、じゃあ自分も試してみようとすると、今まで見えていた世界が変化します。

読書は、視野を広げるともいいますが、実際に、本をきっかけで、生きる道が見つかったり、人生が変わった人も多数いるのが現状です。

しかし、行動が付き物なので、知るだけでなく、行動することで、日常が変化します。

③ 悩みが解決する!!

今、悩んでいるものと同じ悩みを抱え、解決した人が少なからずいます。

読書によって、同じ状況から打開した人や、もっと酷い状況から立ち上がった人の言葉は、とても力強い物です。

実際、自分の悩みがちっぽけなものだと感じることもありました。

先人たちの知恵袋が、本に詰まっているので、読まないてはないです。

④ お金が増える!!

何故、読書をするとお金が増えるのか。

それは様々な知識、思考法、疑似的な経験を得られるからです。

実際に、年収300万以下と年収1000万以上の人たちを比べると4倍近く読書量の差があります。

自分が体験できるものに限りがあるので、読書によって追体験できます。

そこから、新たなアイデア、危機察知能力、様々な状況に対処できる力が付きます。

なので、お金を生み出すチャンスを本が運んでいるのです。

読書は人を豊かにする!!

読書することで、様々なメリットがあり、人生そのものを変えるパワーを持っています。苦手だから、という理由で、チャンスを逃してしまっているかもしれません。苦手というのも、思い込みの部分が多数あるので、まず数冊読んでみてください。以外と寝る間も惜しんで読んでしまうものです。

1