1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

この記事は私がまとめました

senegirlsさん

苦戦が続いているApple

2019年度第1四半期の業績は予想を下回るものとなっており、iPhoneの収益が前年同期比で15%減少したことも明らかに

大きく響いたのがiPhoneの不振であり、前年同期の611億ドル(約6.7兆円)から520億ドル(約5.7兆円)へと15%も減少

スマートフォン市場においてアップルの存在感は以前ほどではない。もはや「iPhoneの魔法」は効力を失いつつあるのか──。

下方修正はスマホ「iPhone(アイフォーン)」を2007年に発売以来初めてなだけに、成長の限界を指摘する声が大きくなっている。

新製品の価格も徐々に上昇

新機種が発表されるたびに値上げをしている、iPhone。2ケタ万円を超えるレベルの端末も出てきており、買えない!と嘆く人も増え続けています。

消費者がアップルの新製品に払える額にも限度がある。そしていま、その限界に達したのかもしれない。

目新しい技術にも欠けているなど、さまざまな徴候すべてがiPhoneの不振が続く可能性を示唆している。

月々の通信料金は下がる一方、端末料金自体は上がる。ソフトバンクの宮内謙社長は「高い端末が全く売れなくなる」と懸念する。

スマホを買い替えない人が増えてiphoneの売れ行きがどんどん悪くなってるってそりゃ10万近くするものだしほいほい変えようとは思わないでしょうに。

また・・・

1年後には全く新しい機能を持った新ナンバーの新製品をリリースすることで、4を買った人は5が出れば買いたくなり、4Sを買った人は5Sが出れば買いたくなる、といったサイクルで2年ごとの買い替え需要を喚起して売上を着実に伸ばしてきた

iPhoneの買い換えサイクルが4年以上となり、同社の売上高を減少させるとともにサービス事業の成長を鈍化させる可能性がある

今年度は現在使用されているiPhoneの約16%だけが買い換えられ、新たに購入されたデバイスは少なくとも4年使い続けられると推定

1台が高いし、たいして変わらないから買い替えないよ。>iPhoneを4年以上使い続けるユーザーが増加傾向に、アナリスト分析 japanese.engadget.com/2019/02/09/iph… @engadgetjpさんから

単純に言えばiPodの廃止、iPhoneやiPadのスペックアップとサイズ変更です。言ってみればジョブズ氏の遺産で生き延びていくという、遺産活用ビジネスに終始したわけです。

Appleは、ジョブズ死後遺産を何年で食いつぶすのか。

こういうの見るとやっぱりiPhoneはもう時代遅れになりつつあるんだなって感じするわね、、、

『クックCEOの下でアップルは…(中略)…イノベーションではなく、ジョブズの遺産に依存して業績の拡大を目指してきた』 ほんこれ( ´_ゝ`) Appleの陰りは軽視できず 世界経済を振り回す新型iPhoneの低人気 #ldnews news.livedoor.com/article/detail…

1