1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

canty0628さん

▼現在バラエティ番組にも出演している

2007年9月5日にシングル「ONE WAY」でメジャーデビュー。

そんな青山テルマが過去の話を明かした

「そばにいるね」は日本で最も売れた着うたフル楽曲としてギネスに認定された。そのことについて説明する青山だったが、「秒でGReeeeNが超したんだけど。一瞬、私世界一だったの」と。

「阿佐ヶ谷のボロいアパートに住んでたから、『オリコン1位ですよ』って言われて、中央線に乗りながら、なんか夢ねぇなと思いながら。生活とのギャップがすごかったから。

「大学の時もみんな学食でごはん食べるやん。けど、隠し撮りがすごかったから。トイレで1人でおにぎり食べてた。トイレが1番落ち着いた。友達も2人しかできへんかった」

▼「さくらんぼ」のヒットで知られる

2003年9月にシングル「桃ノ花ビラ」でCDデビュー。同年12月にリリースした2ndシングル「さくらんぼ」で全国的に大ブレイク。

2月1日に放送された「ミュージックステーション 3時間スペシャル」に大塚愛さんが出演、 代表曲の「さくらんぼ」を熱唱。

デビュー前のオーディション秘話を告白

デビュー前のオーディションに触れた大塚は、「怖かったですね。周りの女子たちが。私がボケっとしすぎたんですかね、みんな殺気立ってたっていうか」

「ある女の子がミントタブレットを『あげる』って。断るのも・・・と思って、その場で食べたら、喉がカァー!って。歌う前に。まんまとやられたなと。もうそんなとこ行ったらアカンと思って(笑)」と語り、デモテープ主体の応募に切り替えたことを明かした。

2002年、エイベックスに送った自作のデモMD(「さくらんぼ」「桃ノ花ビラ」「大好きだよ。」が収録)が審査員の目にとまったことがデビューのきっかけとなり、翌2003年9月10日にシングル『桃ノ花ビラ』でデビュー。

大塚愛 Sony SDグループのVOCEオーディションにてファイリングされていたが決まらず、エイベックスに送ったデモにて契約。 誰に出会うか?が人生を左右する。

▼テレビでタレントとして活躍する

ロックバンド・BREAKERZのボーカルでタレントのDAIGO。

テレビ出演時は「そうっスね」「マジで」「マジっすか?」「ガチで」「ハンパない」「みたいな〜」など、典型的な若者言葉(ただし基本的には敬語)でかつ語尾をのばした口調で喋る。

そんなDAIGOは元々、別の名前で活動

2003年、DAIGO☆STARDUST(ダイゴ☆スターダスト)のアーティスト名でメジャーデビュー。

1 2