白血病は血液のがんです。血液細胞には赤血球、血小板、白血球がありますが、これらの血液細胞が骨髄でつくられる過程で、がんになります。がん化した細胞(白血病細胞)は、骨髄内で増殖し、骨髄を占拠してしまいます。そのため、正常な血液細胞が減少し、貧血、免疫系のはたらきの低下、出血傾向、脾臓(血液を貯蔵しておく臓器)の肥大などの症状があらわれます。

出典白血病ってどんな病気? | 慢性骨髄性白血病(CML)を学ぶ | 種類別がん情報 | がんを学ぶ

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【画像】池江璃花子選手が白血病を公表 ミヤネ屋速報まとめ

競泳女子の池江璃花子(いけえ りかこ)選手が白血病を公表。白血病とは?治療法とは?ネットの反応。

このまとめを見る