1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

池江璃花子が告白…白血病と闘い克服した有名人たち

池江璃花子選手が白血病を告白しました。これまで白血病と闘った有名人たちを追ってみました。池江璃花子選手を応援しています。

更新日: 2019年02月12日

20 お気に入り 219937 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

・池江璃花子が白血病を公表した

競泳女子のエース、池江璃花子選手が白血病と診断されたと自身のツイッターで明らかにしました。

池江選手のツイッターによりますと、体調不良で合宿先のオーストラリアから緊急帰国して検査を受けた結果、白血病と診断されたということ

池江選手は昨年のジャカルタ・アジア大会で6冠を達成するなど成長著しく、2020年東京五輪での活躍が期待される。

・信じられない…エール、励ましの声続々…。

池江璃花子選手。憶測であれこれ探られるのを避けるための公表だとしたら、マスコミはそっとしてあげてほしい。どんな思いで口にしたかと思うと辛すぎる。まっすぐに病と闘う気持ちが、良い結果に繋がると信じています。どうか思うままにゆっくり、しっかりと治してください。

池江璃花子選手白血病公表にビックリ。 現段階ではどのタイプなのか確定診断がつかなくては何とも言えない。 とにかく免疫が弱くなるだろうから体調に気を付けて欲しい。 本人をそっとしてあげるのが、先ずは大事だと思う。 血液の癌と言われる白血病だか、今や治らない病気ではない。 pic.twitter.com/wBWFJOR07p

今は多くの白血病で治療が正しく行われれば、寛解し社会復帰ができるようになりました。池江璃花子選手の元気な姿をまた見たいです。

癌や白血病の患者、それも著名人であれば医学的根拠のない民間療法を紹介する輩が絶対に近寄ってくる。池江璃花子選手がそれらに惑わされず治療に集中できますように。

・自身もかつて白血病と闘病した俳優の渡辺謙もエールを送った

1989年に急性骨髄性白血病を患った俳優の渡辺謙(59)は同日ツイッターを更新し、池江に向けてエールを送った。

渡辺は映画初主演となるはずだった「天と地と」撮影中の1989年に急性骨髄性白血病を発症して降板。1年間の闘病の末に復帰を果たし、その後、世界的スターに上り詰めた。

渡辺は「池江璃花子さんのニュースを目にしました。僕も同じ病気を経験しました。何故今自分がと絶望感に苛まれているのではないかと思います」と池江選手の心中を察し

「どんな状況かは分かりませんが、今の医学を信じ、自分の生命力を信じ、前を向いて焦らずにしっかり治療に専念して下さい。祈っています」とツイートした。

#池江璃花子、さんのニュースを目にしました。僕も同じ病気を経験しました。何故今自分がと絶望感に苛まれているのではないかと思います。どんな状況かは分かりませんが、今の医学を信じ、自分の生命力を信じ、前を向いて焦らずにしっかり治療に専念して下さい。祈っています。

・女優でタレントの吉井怜も白血病を克服した人の一人

女優でタレントの吉井怜は、高校を卒業したばかりの2000年7月に、急性骨髄性白血病を発症した。

現在も年1回通院して経過を確認しているが、健康状態に不安は出ておらず、2016年11月11日には俳優の山崎樹範と結婚した。

壮絶な闘病の様子は2002年に9月5日に発売され、ベストセラーになった『神様、何するの… 白血病と闘ったアイドルの手記』(幻冬舎)の中で赤裸々に語られている。

・スポーツ選手で言えば元プロ野球選手岩下修一氏も白血病からの復帰した人

オリックスにも岩下修一って居たな… 白血病から復活を果たした(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`) >RT pic.twitter.com/aWYgPzkVEK

現在、プロ野球・日本ハムの打撃投手を務める岩下修一氏(45)は、1999年にドラフト4位でオリックス入り。

貴重な左のサイドスローとして1年目から44試合に登板するも、2年目のシーズン中に血液のがんである骨髄性白血病であることが発覚した。

神戸市内の病院に入院し、抗がん剤治療などを受け、日常生活に支障がない程度まで回復し、退院。翌02年のオープン戦で一軍に復帰した。

2005年オフにオリックスを戦力外となったあと、日本ハムに移籍。2006年の引退以降、打撃投手としてチームを支える。選手が姿を現わす2時間も前から、球場でテキパキと打撃練習の準備をする岩下氏の仕事ぶりを見て、“奇跡”という人は、もういない。

1 2